1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. インテリアの色使いのコツを知って家具を選ぶヒントにしよう!

Column

ハウスメーカーコラム

インテリアの色使いのコツを知って家具を選ぶヒントにしよう!

インテリアのこと
インテリアの色使いのコツを知って家具を選ぶヒントにしよう!

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

今回は「インテリアの色使い」についてのお話です。

一度購入すると長い付き合いとなる「インテリア」ですが、少しずつ買い足していくうちに「なんだかゴチャついて統一感がなくなってしまった…」と後悔する声も聞こえてきます。

洗練された統一感のある空間を演出するためには「インテリアの色使い」が大きなポイントとなります。

お部屋のタイプも踏まえて、色使いを中心としたインテリアを選ぶヒントをご紹介します。

 

色使いのコツは「色数を抑える」「同系色でまとめ、さし色を入れる」

sashiiro

インテリアの具体的な色合いを考える前に、人間の感覚が色によってどう影響を受けるか、配色の基本を押さえましょう。

まず、基本的に室内の大部分を占める壁や天井はホワイトもしくは淡色を用いると、その後のコーディネートがしやすくなります。

 

ホワイトや淡色(特にライトブルーやライトグリーンなどの寒色系や、ベージュ、アイボリーなど)は他の色と比較し、濃色のインテリアの影響を受けにくく、圧迫感が少なくなります。

 

インテリアの色使いは部屋の圧迫感にも影響する

次の部屋の画像を見てみると、まったく同じ間取りなのに右の部屋の方が狭く感じませんか?

説明画像1

壁紙や天井だけではありません。

背の高い食器棚や本棚、ラグやカーテンのような大きな布製品、観葉植物なども部屋の印象を大きく変えます。

高さのある家具を置きたい場合は、できるだけ濃い色を避けると圧迫感が少なくなります。

右の部屋の絵はその時好きな色合いを重視して買い足したイメージで、部屋に統一感がありません。

左の部屋はできるだけ統一感を意識してインテリアを買いそろえたイメージで、ブラウン系をベースに、カーテンだけ淡いブルーのものを用意してみました。

説明画像2

スタートとして全ての家具を同系統で揃えた方が部屋がすっきりして見えます。

そのうえで少し味気ないと感じたときは「さし色」のインテリアを用意すると、アクセントになってさらに洗練されたイメージを持ちやすくなります。

「さし色」とはベースカラーの色合いをさらに強調し、イメージに変化を与えるポイントとなる色(アクセントカラー)のことです。

 

さし色のパターンは「色相環図」を参考にする

image9

下の色相環図では隣同士が同系色と呼ばれている色合いです。

ベースカラーは隣り合った同系色でまとめ、ポイントとして使用したい色はベースカラーの向かいにある「反対色」を取り入れます。

もしくは「同系色の淡い色」でまとめて、一箇所に「強い同系色のカラー」を持ってくるのも効果的です。

ちなみにこの色相環図にはありませんが、白の反対色は黒です。

白をベースとし黒の家具をポイントに取り入れるモノトーンが根強く愛されるのにはこのような色が持つイメージやバランスによるものともいえます。

 

色使いのバランスに迷ったら「70:25:5」を意識しよう

カラーコーディネートの世界でも「黄金比」というものがあります。

・ベースカラー:70%

・サブカラー:25%

・アクセントカラー(さし色):5%

生活していく上で「ハンガーラックがむき出しで洋服が見える」「棚に入っている本がカラフル」など、色合いを統一できないことも。

そんな時は前面にカバーやカーテンなどをかける、ブックカバーなどで表面上の色を合わせる、ベースカラーと同系色のパーテーションを挟んで見えにくくする、といった工夫をするとイメージを合わせやすくなります。

同系色を使うと良い良く感じる。

 

色そのものがもたらすイメージも参考に

一般的に色は次のようなイメージを無意識に与えます。

暖色(赤や黄)

血圧をあげる。元気を感じる。食欲増進につながる。熱気を感じる。

寒色(青や緑)

血圧を下げる。リラックスする。食欲を抑える。冷気を感じる。

 

リラックスをしたい寝室には淡いグリーンやライトブルーを使用すると、良質な睡眠を得やすくなり、食卓におくランチマットや玄関マットなどには明るい色を使用すると元気に一日を始められるようです。

色合いから受けるイメージは色彩の明るさ(明度)や鮮やかさ(彩度)にも関係があります。

例えば蛍光灯のような明るい昼白色は気分が活性化され、間接照明に使用するオレンジ色の電球色はリラックス効果が見られます。

このため同じリビングでも昼は明るい色彩を演出し、夜は使用する照明を変えたり明るい部分にカバーをかけるなどひと手間を加え、リラックスできる明るさを心掛けると生活にメリハリが生まれます。

 

色の基本を踏まえて、実際にコーディネートしてみよう

では、世界で注目されているコーディネートの「色合い」に注目してみましょう。

・アンティーク調

MG_6377

アンティーク調は木目を生かした家具を多く活用します。

壁や天井、家具などすべてのインテリアを茶色のコントラストでメリハリをつけたコーディネートをするか、壁紙をホワイトにし、それ以外の家具を茶色(木目)ベースに統一します。

シャンデリアなどの装飾が強い家具を使用する場合は特に、色数を抑えないとゴテゴテしたイメージになりやすいので気を付けましょう。

 

・ブルックリン調

ブルックリン風_NOCE(画像©NOCE)

ブルックリン調は北欧系コーディネートと比較しアイアン素材のラックやチェアなどをより取り入れ、都会の雰囲気を演出するのが特徴です。
そのため、木製の家具はアイアン家具に合わせた「比較的濃い茶色」のものを使用すると統一感が生まれやすくなります。

また、ミニプランターなどの緑が映えるコーディネートでもあります。

 

・モノトーン

bedroom-1078887_1280モノトーンは多くの場合、白がメインになり、ソファやラグといったファブリック系家具を黒にすると部屋にメリハリが出ます。

完全にモノトーンにするのも一つですが組み合わせによっては、寂しいイメージや生活感がなさすぎるイメージになりがちです。
こんな時はダストボックスや低めのラックなどをワインレッドのような濃色ですが比較的落ち着いた色をさし色に入れると、変化を持たせることができます。

 

ちょっとした色使いを意識してコーディネートを

かわいらしいファブリックやオシャレな家具を欲しいままに買い進めてしまうとインテリアの色使いをそろえることが難しくなるので、ちょっとした色使いを意識してコーディネートをしてみてください。

洗練されたイメージを持てるだけでなく、リラックス効果も期待できます。

長く家にいる方はもちろん、休日以外はほとんど眠りに帰るだけ…という方も、ぜひ過ごしやすいお住まいづくりを心掛けてみてくださいね。

 

新築一戸建てをご検討の方は、札幌のハウスメーカー コスモ建設へお気軽にご相談下さい!
私たちは1984年創業以来、地域に密着した建築会社として北海道の家づくりに取り組んでいます。
北海道に適したツーバイフォー・ツーバイシックス住宅をご提案します!

関連ページ