1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 整形地・不整形地とは?メリット・デメリットや不整形地に建てるポイント

Column

ハウスメーカーコラム

整形地・不整形地とは?メリット・デメリットや不整形地に建てるポイント

土地のこと
整形地・不整形地とは?メリット・デメリットや不整形地に建てるポイント

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

住宅を建てるための土地は、形によって「整形地」または「不整形地」と呼ばれます。
これはその名の通り、土地の形状がと整っているかどうかという区別です。

今回は、整形地と不整形地それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。
整形地が良くて不整形地が悪いとは限りません!

 

整形地、不整形地とは? それぞれの特徴

整形地とは、正方形や長方形に整えられた形の土地のことです。

がけ地や傾斜のような部分も平らにならされ、住宅を建てやすい敷地に整えられています。
新興住宅地などで造成された分譲地は、ほとんどが整形地となっているでしょう。

対して、不整形地とは正方形や長方形に整えられていない土地のこと。

三角形や台形などいびつな形をしていたり、がけ地や傾斜があったり、極端に小さな土地も不整形地と呼ばれます。

このような土地は一般的な住宅を建てるときに建てにくかったりプランに制限が出てしまったりする可能性があります。

 

整形地・不整形地のメリット・デメリット

整形地、不整形地それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 

整形地のメリット・デメリット

そもそも整形地は建物を建てやすいように整えられている土地ですので、希望のプランを実現しやすいことが大きなメリット。
住まいづくりの選択肢が広がります。

規格住宅なども問題なく建てられるため、建築費用を抑えた家づくりを検討している方にもおすすめです。
扱いやすい土地なので需要が高く、売却の際にも売りやすい傾向があります。

ただし需要の高い土地のため人気があり、地価が高いことがデメリット。
良いエリアの整形地は迷っているうちに売れてしまう可能性もあるでしょう。
コスモ建設でも整形地の土地・分譲地情報をご紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

不整形地のメリット・デメリット

不整形地は形が整っていないので、使いにくい土地のために需要が低く、地価が低くなる傾向があります。
同じ敷地面積の整形地よりも安い価格で購入できることがメリット。
不動産評価が低いのと不整形地補正が入るために、固定資産税や都市計画税を抑えることもできます。

デメリットは、形がいびつなため家を建てるときに敷地にデッドスペースができやすいことです。
建築内容に制限がある場合もあり、希望の家を建てられない可能性も。
購入後にがけ地や傾斜地を整えて整形地にしようとするなら、大きな費用がかかってしまいます。
扱いづらい土地だと、売却する際にスムーズに売れないケースもあるでしょう。

ただし、いびつな形を上手に生かして個性的な家を建てるということもできますよ!

 

さまざまな土地の種類と、不整形地に建てるコツ

Points-to-build-on-irregular-land

不整形地にはいろいろな種類があります。
土地の形状別に、その特徴と形状を生かした建築のコツをご紹介します。

 

三角地

三角形の形をした土地です。
多くの住宅は四角い形をしているため、建物を建てたときに角がデッドスペースになってしまいます。

角地を庭や駐車場にする、デッキや書斎コーナーを設けるといったアイデアがあります。
三角の形を生かして個性的な住宅プランを検討してみましょう。

 

平行四辺形、台形

向かい合う辺の長さや角の角度が異なった不整形地です。
三角よりは整形地に近いですが、辺の長さや角の角度によってはデッドスペースが大きくなってしまいます。
三角地と同様、デッドスペースの活用方法を考えてみましょう。

また、土地の形状にある程度合わせた形の建物を建てられるのなら、床面積を広く確保しながら個性的な住宅を建てることができます。

 

旗竿地

道路からの出入口が狭く、その先に四角い敷地が広がる形です。
竿付きの旗のような形をしているため、「旗竿地」と呼ばれています。
出入口が狭いと重機が入ってこれず、建築費用が割高になったり建築プランに制限が出てしまったりする可能性があります。

旗竿地は、出入り口部分の敷地を駐車所やアプローチにするといったプランがおすすめ。
道路から離れたところに敷地の大部分があるため、プライバシーが守られつつ日当たりや風通しが良い敷地になっている場合もありますよ。

出入口の横の土地を買い取ることができれば、広い整形地にすることもできるでしょう。

 

傾斜地

敷地の中で高低差がある土地です。
傾斜をならす工事には大きな費用がかかり、せっかく不整形地として安い地価で購入をしても、工事費用でかえって高くついてしまうというケースもあるでしょう。

そんな傾斜地は、高低差を生かして低い部分は地下室やガレージをつくるアイデアも。
高い部分にはリビングをつくることで道路からの視線を回避しつつ、採光・風通し・眺望の良い空間にすることができるでしょう。

まとめ

整形地とは正方形や長方形に整えられた土地、不整形地とはいびつな形や傾斜のある土地のことです。

整形地は建物が建てやすく、希望の住宅プランを実現しやすいことがメリット。
需要の高い土地なので人気があり地価が高くなりがちですが、売却する時にも売れやすいでしょう。

不整形地はいびつなために整形地よりも安く購入できるケースが多いです。
ただし、いびつなことで建築プランに制限がでてしまったり、建築費用が割高になってしまったりする可能性もあるため検討が必要です。

しかし、いびつな形を生かして個性的な家にすることもできます。
アイデア次第で快適な家を建てることができるでしょう。