1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 角地のメリット・デメリットをチェック!特徴や注意点もご紹介

Column

ハウスメーカーコラム

角地のメリット・デメリットをチェック!特徴や注意点もご紹介

土地のこと
角地のメリット・デメリットをチェック!特徴や注意点もご紹介

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

新築用の土地が立ち並ぶ分譲地で、人気が高いのははやり「角地」です。
「両側が家に挟まれている場所より、角地がいいな」と考える方は多いと思います。
しかし、角地はメリットばかりとは限りません。

今回は角地のメリットに加え、デメリットや注意点もご紹介します。
角地の購入を検討している場合は、特徴や注意点を知った上で検討してみましょう。

 

角地の特徴とメリットをご紹介

角地とは、交差する2本の道路に建物の2方向以上が面している土地のこと。
文字通り、角にある土地です。

角地の大きなメリットは、日当たりのよさと開放感です。
隣家に接している部分が少ないので日当たりが良く、風通しが良いことが特徴。
太陽の光が差し込む明るい住空間をつくれます。
道路に面している方角に窓をつくれば、眺望も期待できて開放感が高まります。

角地では間取りの自由度が高いこともメリットです。
通常、玄関は道路に面している場所につくるため、それ以外の部屋の場所もある程度決まってしまいます。
角地では玄関の場所の選択肢が増えるため、全体的な間取りにも選択肢が増えるのです。
日当たりを確保したいリビングについても同じことが言えるでしょう。

また、家の2方向に道路があり、人や車が行き交うため人目につきやすく、泥棒に狙われにくいという防犯面のメリットもあります。

角地にはこのようなメリットがあるため人気が高く、購入希望者が多いです。
資産価値が下がりにくいので、将来的に家を売却することになっても周囲の物件よりスムーズに、高く売却することができるでしょう。

コスモ建設でも角地の土地・分譲地情報をご紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

角地のデメリットは? メリットだけではありません

角地はメリットが多く人気の土地ですが、もちろんデメリットもあります。
角地の大きなデメリットは、購入費用や建築費用が高くなりがちなことです。

角地は人気の高い土地のため、周囲の土地と比べて1~2割ほど高い価格になっている傾向があります。
土地の価格が高いと、購入後にかかる固定資産税や都市計画税の負担も大きくなってしまいます。
しかし、それでもすぐに売れてしまうほど競争率は高いです。

道路に面している部分が多く人目につきやすいため、フェンスや塀などを建てるための外構工事、日当たりが良すぎて室内が暑くなるのを防ぐための断熱・ 遮熱工事が必要になることもあり、工事費用が高くなってしまうこともあるでしょう。

また、建築制限についても気をつけなくてはいけません。
建物を建てるときには、周囲の日当たりや風通しを確保するために建物の高さに制限がかけられる場合があります。
これを「斜線制限」と言います。

道路に対しても周囲の日当たりや風通しを確保する必要があり、2本以上の道路に面している角地では斜線制限が厳しくなることがあるのです。
斜線制限に引っかかり、3階建ての家が建てられないケースもあるので注意しましょう 。

 

角地を購入する前に知っておくべきポイント

日当たりのよい部屋

角地は人気のある土地条件ですが、確認しておくべき点もあるのでぜひ知っておきましょう。

たとえば、角地の一番のメリットである日当たりについても、角地の方角によって傾向が変わります。
日当たりの条件がもっとも良いとされているのは南東角地
午前中から昼にかけて日当たりが良い、理想的な条件です。
ただし、日当たりが良すぎて夏は暑くなってしまうことも考えられます。

ほかの方角についても、それぞれこんな特徴があります。

  • 南西角地:南側は日当たりが良いが午前中は光が入りにくく、西日が暑い可能性がある
  • 北西角地:午前中から昼は光が入りにくいが西日がよく入り、角地の中では価格が安い傾向がある
  • 北東角地:午前中の日当たりは良いが、それ以外の時間帯は光が入りにくい

方角によるメリット・デメリットは一長一短のため、ライフスタイルや生活の時間に合わせて考えると良いと思います。

土地の方角による日当たりの特徴については、こちらでも詳しくご紹介しています。
家の日当たりは土地の向きや広さで変わる!?東西南北の特徴は?

また、一定の条件を満たした角地は、建ぺい率が緩和される場合があります。
建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合です。
同じ面積の土地でも、建ぺい率が高いほど大きな家を建てることができます。

角地は、道路の見通しや通行性を確保するために敷地の角を空けておかなくてはいけない「隅切り」制限がかけられることがあります。
この分を補うために建ぺい率の緩和措置が適用される場合があるのです。
こういった条件は自治体などによって異なりますので、角地を購入する場合は確認してみましょう。

まとめ

日当たりが良くて間取りの自由度が高い角地は、人気が高い土地です。
購入希望者が多いため資産価値が下がりにくいというメリットもあります。

しかし、角地はメリットだけではなく、価格や工事費用が高くなりがちというデメリットもあります。
一番のメリットである日当たりについても、角地の方角によってはその傾向も大きく変わるのでご注意を。

角地特有の建築制限なども確認したうえで、購入を検討しましょう。