1. トップ
  2. 工法・仕様
  3. 暖かい家づくり

Architecture

暖かい家づくり

コスモ建設の家が暖かいワケ。

北海道は夏は30℃、冬は-20℃という寒暖の差が激しい地域。
特に冬は、寒さと雪の対策を考慮しなければなりません。
北海道に似た気候の北米で生まれた、2×4・2×6工法を用い、
また断熱性・耐久性に優れた建材をひとつひとつ選び抜くことで、
暖かく、快適な住まいを実現しています。

高い気密性を生む面構造

コスモ建設のツーバイフォー工法は、熱を伝えにくい木材を使用すると同時に、床や壁となるパネルとパネルを面で接合します。パネルの間にすき間なく断熱材を入れることで、高い断熱性と気密性を実現し、熱の損失や居室間の温度差をなくします。

2×4・2×6住宅とは

熱を逃さない断熱施工

壁には高断熱のグラスウール、天井にはたっぷりとロックウールを充填しています。上っていく暖かい空気が逃げていかないよう、しっかりと蓋をする役割を担っています。

床の断熱にはグラスウールとスタイロフォームを使用。断熱材は土台と床の厚さ分を入れることができ、ツーバイフォー工法は床材に2×6材を使用する事で、在来工法よりも断熱材を多く入れることが可能となります。床断熱が機能することで十分な暖かさとなり、基礎断熱の費用をかけずに暖かい家を作ることができます。

気密測定

気密性の高さはC値という数字で表されます。コスモ建設では、住宅のお引渡し前に全ての建物の気密測定を行っており、専門のスタッフが家のすき間を測定するための専用の機械を使って数値を出します。
国の基準である2cm/m2をはるかに上回る0.9cm/m2を自社の最低基準として設定しています。(※1)
測定後、0.9cm/m2以下であることを確認したのちに、「気密測定結果報告書」を作成し、お引渡し時にお客様へお渡しします。(※2)

※1 店舗住宅など特殊な住宅ではなく、一般住宅を対象としています
※2 1995年より実施