お問合せ 資料請求 見学予約
ホーム > ハウスメーカーコラム > ニュータウンとは何?意味や歴史、エリアごとの特徴を知って検討を!

ハウスメーカーコラム

ニュータウンとは何?意味や歴史、エリアごとの特徴を知って検討を!

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

新築を建てる場所を探していると「ニュータウン」という言葉に出会うことがあると思います。
ニュータウンとは、新築住宅を建てるために新しく宅地造成・分譲をして開発している郊外エリアのことです。

今回は、新築住宅を土地から探している人にぜひ知ってほしいニュータウンについて解説。
ニュータウンの意味や歴史、その魅力をたっぷりご紹介します。

 

ニュータウンとは? その意味や歴史、団地との違い

ニュータウンとは、新築住宅を建てるために新しく開発して宅地造成・分譲しているエリア。
いわゆる「新興住宅地」です。

国土交通省の定義によると、ニュータウンの定義は「過密化対策として郊外に建設された新しい市街地」となっています。
日本では1950年代の高度経済成長期、地方から都市部へ人が集まり都市部は人口過密の問題を抱えていました。
そこで、都市部への通勤がしやすく土地代が安い郊外に住む人を増やすべく、ニュータウン構想が開始。
1960~1980年代にかけて首都圏郊外の地方に巨大なマンション群を建て、「ベッドタウン」として多くのニュータウンがつくられたのが始まりです。

一方、世界のニュータウンというとイギリスで産業革命が起きた1800年代にその原型が登場しています。
産業の発展により大都市に工場が増え、同様に都市部に人口過密問題が起こります。
そこで資本家は職場である工場と労働者のための住宅をまとめて郊外へ移転。
職住近接タイプのニュータウンをつくり、人口過密化の解消に取り組みました。
日本の「ベッドタウン」の考え方とは少し異なっているのが特徴で、田園都市構想と呼ばれることもあります。

また、日本の高度経済成長期に多く建設された集合住宅といえば団地もそうです。
団地とは同一敷地内に計画的に建てられた住宅群のこと。
団地とニュータウンに明確な違いはありませんが、ニュータウンは周囲の交通や利便施設といった生活圏まで見据えて開発を行ったような、広いエリアを指すことが多いでしょう。

 

日本のニュータウンの特徴を解説! 首都圏や札幌はどうなの?

家族

ニュータウンは住宅街として新築を建てることを目的として土地やエリアを整備しているので、利便性や環境性が整えられていることが特徴のひとつ。
市町村などの自治体や宅地の組合が主体となって開発しているものもあれば、ハウスメーカーが土地を取得して販売しているケースもあります。

いずれにしてもニュータウンとして売り出しているエリアは、学校や病院、公共施設、大型商業施設が近くにある、広い道路や公園が整備されている、都市ガスや水道管の引き込み工事がされているといったことが多いでしょう。

もしこのような整備がされていない土地を買って新築を建てようと思ったら、土壌改良工事や水道管・ガス管の引き込み工事から必要になるかもしれません。
ニュータウンではそのような整備に心配や費用をかけなくても大丈夫です。
新築住宅が続々と建てられていくことで、新しくきれいな街並みがつくられていきますし、人が増えることで便利な施設もさらに増えていくでしょう。

多くの人が同時期に入居するので、ご近所付き合いのコミュニティづくりもしやすいです。
子どもの同級生もたくさんできるので、子育て世代の家庭で検討される方も多いでしょう。

 

首都圏や札幌のニュータウンは?

首都圏で有名なニュータウンといえば東京の「多摩ニュータウン」、神奈川県の「港北ニュータウン」、埼玉県の「高坂ニュータウン」などがあります。

首都圏へのアクセスは最寄駅から30~60分前後、商業施設や教育施設、病院などがそろう住宅街となっています。
古くからあるマンション群は築年数が経っているものもありますが、リノベーションを行い、最新の設備に取り替えている物件も増えています。
リノベーション済のファミリー向け物件でも築年数が古い分、家賃相場が安いケースもありますよ。

また近年の札幌では、北区の「南あいの里」や東区東雁来の「ウェルピア東雁来」などが注目のニュータウン。

新しく開発されるエリアなので地下鉄やJR駅からは少し離れていて、最寄りの交通機関はバスであることが多いですが、人が増えるにつれてバスの本数が増えるなど利便性も増していくことでしょう。

コスモ建設でもニュータウンの土地・分譲地情報をご紹介していますので、ぜひご覧ください!

この記事のポイント

ニュータウンとは新築住宅を建てるために郊外に新しく宅地造成・分譲されるエリアのこと。
土地は家を建てるために必要な状態に整備され、周辺の生活環境や利便性まで見据えてエリアが整えられています。
同時期に入居することになるのでご近所付き合いのコミュニティもつくりやすく、子育て世代にもとくに人気です。

もともとニュータウン構想は、都市部への人口過密問題を解決するために始まったものです。
環境が良い、地価が安いなどといった郊外ならではの利点を生かし、快適な暮らしを実現できるニュータウンが注目を集めています。

新築住宅を検討している方は、ぜひニュータウンも調べてみてくださいね。