1. トップ
  2. 家づくりのヒント
  3. 吹き抜けのある一軒家、建てるならココがポイント!

Column

家づくりのヒント

吹き抜けのある一軒家、建てるならココがポイント!

家づくりの基本
吹き抜けのある一軒家、建てるならココがポイント!

コスモ建設です。いつも記事を見て下さってありがとうございます。

マイホームを検討中で、開放的な吹き抜けのある家が気になっている方もいらっしゃるかと思います。

今回は、吹き抜けの一軒家を建てるにあたって知っておきたいポイント、メリットやデメリットをご紹介します。

吹き抜けは有効な空間活用手段

吹き抜けがある家には、快適な居住空間を演出できる様々なメリットがあります。

開放感

まず、最も代表的なメリットは「開放感」。
人は、空間の広さと高さのバランスで空間の快適さを判断しています。
同じ幅の空間でも高さがあるだけで随分と広く感じるものです。

日本の住居における建坪は、敷地面積に対する比率(=建ぺい率)が建築基準法で決められていて、土地の広さによってはどうしても床面積を取れず狭く感じる場合や、隣接する家屋と十分な距離を取るために住宅の床面積を減らした場合には圧迫感や窮屈さを感じる場合があります。

こういった時に吹き抜けを採用することで、高い天井によって家の中が広く感じやすくなり、吹き抜けの窓から光も差し込むので開放的な空間を演出できます。

 

家族が繋がりやすい家に

2階建てで上階との導線が階段・廊下のみの場合、1階から2階にいるご家族へ呼びかけるにも、声を張り上げたり、直接ドアの前まで呼びに行ったりと、どうしても部屋の壁にコミュニケーションがさえぎられてしまいます。

また、小さなお子さんやご年配のご家族がいる場合は、死角によって常にご家族を確認できず、不安を感じることもあるでしょう。

このような点に対しても、吹き抜けがあると、家の中が見渡しやすく死角も少なくなりますのでコミュニケーションが取りやすく家族の繋がりやすい家になります。

 

演出効果

吹き抜けは、家自体をおしゃれに演出することが出来ます。
例えば、玄関に吹き抜けを採用すると、エントランスに光が射し込んで、人工的な明かりとは違った優しく温かい雰囲気を作り出せます。

また、吹き抜け窓をリビングの窓と大きさを揃えるなど、上手に活用することで、外観も開放的でおしゃれな雰囲気にすることが出来ます。

 

施工費削減

吹き抜けは快適性だけではないメリットもあります。
広い間取りの家を建てるにも予算が限られている場合、仕切りや柱を減らして、施工費を削減するという方法があります。

家族は多くないので家を広々と使いたいという方など、部屋数や収納スペースを減らす代わりに吹き抜けを採用することで施工費を抑えられる場合があるので、良い選択肢になるかもしれません。

安易な吹き抜けの採用は要注意?!

吹き抜けは様々なメリットがあるのですが、空調の管理やそれにかかる光熱費の上昇などデメリットを感じる可能性があります。

家を建てる前に、吹き抜けにすることによってどのような注意点があるかも理解したうえで、検討するようにしましょう。

室温調整対策

吹き抜けにするとその分空間が広くなりますので、エアコンで室温を調整する場合に狭い部屋よりも効率がどうしても悪く、壁などの断熱性への配慮は欠かせません。

そして、暖かい空気は上に上がりやすい為、暑い夏や1階部分で暖房を動かした場合など、2階部分に熱が籠るのを防ぐには、シーリングファンなどで空気を循環させる工夫が必要です。

家で最も冷気が入りやすいのは窓です。寒い冬は、吹き抜けに窓がある場合たくさんの冷気が入ってきます。
冷たい空気は下に停滞する性質がある為、足元が冷えやすくなります。
そこで暖房を入れても、温かい空気は上に逃げてしまうので、空気の循環+床暖房などの階下の熱を逃がさないための対策が必要になります。

 

メンテナンス

天井を高くする吹き抜けは、高所の窓の掃除や電球交換などメンテナンスのために、脚立や足場を組まなければならないこともあります。

吹き抜けを使用した住宅を建てる前に日々の生活でどの様なメンテナンスが必要になるかを想定して、キャットウォークの設置や、寿命の長いLED電球を使用するなども検討しておきましょう。

※キャットウォークとは…基本的には、点検や作業のために高所に設けられた狭い通路の事を指す。一般住宅では、吹き抜け部分に設けられることがある。

家族構成によっては向き不向きもある

吹き抜けありの住居がオススメできるか否かは、家族構成によってもその判断は分かれてきます。

人数の少ない家族にとって吹き抜けは狭い空間でも広々と使う有効な方法ですが、家族が多いもしくは多くなる可能性がある場合は、部屋数や収納が限られることで不便さを感じるかもしれません。

また、2世帯住宅や家族の生活時間帯がバラバラの家族の場合、吹き抜けは声が通りやすいので、プライベート性の確保や遅く帰った時には家族の眠りを妨げないようにするなどの生活リズムへの配慮も必要になります。

吹き抜けの家が合わなくなったら2階部分に部屋を増設すれば良いと思うかもしれませんが、実はそう簡単にはいかない場合もあるのです。

家の耐震強度には、部屋数に合わせて柱の本数や位置を決定しています。
建築する工法によって異なりますが、建築後に2階の吹き抜け部分を部屋に変えようとしても、1階の不便な場所に柱や壁が出来るなど、家の構造が大きく変わってしまう可能性もあります。
また、大きな梁を追加で継ぎ足すことそのものが不可能なケースもあります。

新築時、すでにリフォームの可能性がある場合は、その条件も考慮しておく必要があります。

ご家族の生活スタイルや居住環境が重要なポイント

家が広々と開放的になる吹き抜けの家には、たくさんのメリットがありますが、そこに生活するご家族の生活スタイルや居住環境には適しているのかを検討したうえで、判断することをおススメします。

ご家族と過ごす大切な空間であるマイホーム、吹き抜けにするのが良いのか判断に迷う場合には是非お気軽にお問い合わせ下さい!

 

関連ページ