1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 平屋の坪単価の相場は?2階建てとの比較、費用を抑えるコツも解説

Column

ハウスメーカーコラム

平屋の坪単価の相場は?2階建てとの比較、費用を抑えるコツも解説

家づくりの基本
平屋の坪単価の相場は?2階建てとの比較、費用を抑えるコツも解説

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

1階のみでゆったりとした暮らしが人気の平屋住宅。
階段がなく、バリアフリーの観点から平屋を希望される方も多いです。

「平屋は2階がない分、2階建てよりも安く建てられるんでしょう?」
そう思っている方も多いのですが、実はそうとも限らないのです。

今回は平屋を建てるときの坪単価について解説します。
平屋の坪単価に影響する要素や2階建てとの比較、平屋の坪単価を抑える方法などをご紹介しますね。
特に「費用面から平屋を検討している」という方は必見ですよ!

 

平屋の坪単価はいくら?坪単価に影響する3つのポイント

平屋の建築費は、2LDK~3LDKの木造住宅で2,000万円前後が相場。
平均的な坪単価は、こちらも木造住宅の場合で約60~70万円といわれています。
もちろん、使用する材料や設備、構造、デザイン、エリアなどによっても坪単価は変わり、高い場合は坪単価80万円を超えることも。

坪数を考えるときは1人に対して8~10坪程度といわれており、たとえば夫婦と子ども1人なら25~30坪程度なので、30坪とすると平均的な坪単価なら1,900万円〜2,000万円が建築費となります。
平屋のベストな坪数については「平屋の平均坪数は何坪? 平屋のメリットや注意点も解説!」でも詳しくご紹介してるので、参考にしてくださいね。

先程も少し触れましたが、平屋の坪単価には大きく幅があり、特に3つの要素が影響してきます。
以下の点を考慮して設計や費用プランを計画しましょう。

家の素材

木造平屋の場合、木材の種類によって坪単価は大きく変動します。
たとえば、一般的によく使われる杉材なら坪単価は50万円程度。
高品質なヒノキ材をふんだんに使った場合は、坪単価が100万円を超えてしまうケースもあります。

 

住宅のデザインや間取り

平屋住宅に限ったことではないですが、住宅のデザインや間取りが複雑になるほど坪単価は上がります。
デザインやプランが複雑だと設計料が高くなりますし、部屋数が多ければ必要な材料量が増え、工期が延びて人件費も上がります。

 

住宅の機能

断熱や防音機能が高い高機能住宅や、床暖房設備や太陽光発電設備などを追加するとそれだけ建築にかかる費用がアップ。
比例して坪単価も上がります。

 

平屋と2階建ての坪単価はどちらが安いの?

電卓と家の模型

「平屋は2階建てよりも安く建てられるはず」と思っている方も多いのでは?
実は、同じ延べ床面積の平屋と2階建ての坪単価を比べると、平屋のほうが少し高くなります!

なぜなら、延べ床面積が同じなら平屋のほうが必要な土地が広く、建物を真上から見たときの広さ「建築面積」は単純に2階建ての倍になるからです。
建物の基礎が倍の広さになるので基礎工事代が高くなりますし、屋根の広さも倍。
キッチンやお風呂、トイレといった住宅設備は平屋でも2階建てでも同じように必要です。

また、現在は2階建ての家のほうが多く、平屋の需要は少ないです。
平屋の規格商品は少なく、オーダーメイドで建てることになるため、設計料や材料費も割高になってしまうという点もあります。

ただしこれは、同じ延べ床面積の坪単価を比較した場合の話。

実際の総建築費で比較した場合は、平屋のほうが建築費が抑えられることも多いです。
同じ広さの土地に家を建てた場合は、2階建てのほうが建物が大きくなるため、材料費が高くなります。
平屋にすることで、階段や2階の空調設備やベランダなど不要となる設備工事費も節約できます。
建物の大きさや間取り、使用する材料や設備、構造などにもよりますが、平屋のほうが建築費を抑えられることが多いです。

建築後に外壁や屋根のメンテナンスをする際も、平屋なら足場を組む必要がないため、メンテナンスコストを抑えることもできるでしょう。

 

平屋の坪単価を抑えるコツは?

「できるだけコストを抑えて平屋を建てたい!」「予算内におさめたい!」
そう思っている方は以下の点に注意してみてください。

  • 素材や設備のグレードを抑える
  • 間取りやデザインを凝らずにシンプルに
  • 平屋の建築実績が豊富なハウスメーカーに依頼する

 

高級な素材や高額な設備を使わず、間取りやデザインもできるだけシンプルなものを採用するのがポイントです。
これは平屋に限らず、コストを抑えて注文住宅を建てるポイントでもあります。

自治体によっては地元の木材を使って家を建てると助成金を交付するという事業を行っている場合もありますよ。
北海道でも2020年に「道産木材活用対策事業」の実施がありました(2020年8月募集締め切り済。交付対象は建築業者)。

また、低価格で高品質の平屋を建てるためには、ハウスメーカー選びも重要です。
平屋の実績が少ないハウスメーカーの場合、資材が割高になったり、プランや間取りの選択肢が限られてしまったりする可能性があります。

コスモ建設は平屋の建築実績が多く、設計や間取りの工夫でコストを抑えるご提案が可能です。
平屋をご検討の方、二階建てと迷われている方はぜひ一度ご相談ください!

 

まとめ

1階建てで広々、ゆったりとした空間が人気の平屋建て住宅。

「2階がない分、2階建てより平屋のほうが坪単価は安い?」と思っている方も多いですが、実は坪単価は2階建てより平屋のほうが高くなることが一般的。
その理由は、同じ延べ床面積で比較すると、平屋のほうが基礎が大きくなるため、基礎工事費用や屋根の費用が高くなるからです。

とはいえ、同じ広さの土地に建てる場合は、やはり2階がない分、平屋の方が「建築総費用」は抑えられる傾向に。

素材や設備のグレードを抑える、間取りやデザインをシンプルにする、平屋の建築実績が豊富な会社に依頼するといった点も、平屋住宅の建築費用を抑えるポイントになります。