1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 注文住宅か建売住宅か?違いを知って夢のマイホームを!

Column

ハウスメーカーコラム

注文住宅か建売住宅か?違いを知って夢のマイホームを!

家づくりの基本
注文住宅か建売住宅か?違いを知って夢のマイホームを!

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

マイホームを考える上で一戸建てを建てたいとなると、まず選択しないといけないのが「注文住宅か建売住宅か」ということですね。

コスモ建設では注文・建売、どちらも取り扱っております。
そこで今回は、注文住宅・建売住宅それぞれの違いや、メリット・デメリットなどをご紹介しますね。

 

注文住宅と建売住宅の大きな違いとは?

注文住宅と建売住宅の最も大きな違いは「自分で自由に建てるか、すでに建っている住宅の中から選ぶか」です。

注文住宅の場合は土地探しからスタートします。
(土地の形や広さにもよりますが)希望の間取りを取り入れられるので「家づくりにこだわりたい」「時間をかけて家作りをしていきたい」「すでに建てたい土地が決まっている・土地を持っている」という方向きです。

建売住宅の場合は、ほとんどの家が完成した状態で販売されています。もちろん土地もセットです。
中には、建築中や未着工のこともありますが、たいていの場合は設計や建築申請が済んでいて変更は難しいため、ほぼ建築会社の計画通りの家が建築されます。

建築済みなので家づくりに関わる話し合いを何度もする必要が無く、すぐに入居できるので「入居希望の時期があり、早く入りたいという方」「間取りや家の仕様にあまりこだわりが無い方」に向いています。

 

注文住宅と建売住宅、それぞれのメリット・デメリットとは?

注文住宅と建売住宅は、どちらが良い・悪いというわけではありません。
一般的に考えられているそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

注文住宅のメリット・デメリット

主な注文住宅のメリット・デメリットは次の通りです。

【メリット】

  • 希望の土地が選べる・希望の間取りを反映しやすい
  • 壁紙やキッチンなど、好みのものが選べる
  • 建築段階から見られ、大工さんなどと直接話が出来る
  • 家づくりに積極的に関わることが出来る
  • 家の計画から完成まで関わるので、より家への愛着がわく

 

【デメリット】

  • 土地探し、契約、計画、建築まで時間がかかる(契約~建築に約半年から1年+土地探しの期間)
  • 建売住宅に比べると価格が高くなりやすい
  • 配管や地盤などの条件で当初の見積もり時より仕様変更をすることもあり、価格が最後までわからない
  • 土地と建物それぞれにローンがかかる(土地には、金利が高いつなぎ融資が必要なことも)
  • 見積もり/契約/設計など話し合いを何度も重ねる必要がある
  • 完成するまでイメージがつかみづらいことがある

 

建売住宅のメリット・デメリット

主な建売住宅のメリット・デメリットは次の通りです。

【メリット】

  • 注文住宅に比べると価格が抑えられる場合が多い
  • 家が建っているので追加の費用がかからない(ただし入居時にカスタマイズする場合は別)
  • 土地を探す必要が無い
  • 販売を目的としているので立地条件が良いものが多い
  • 契約から入居までの期間が短い
    (メーカーやローン審査などにもよるが1~2か月ほどで入れる)
  • 住宅と土地のローンが一緒に始まる
  • 話し合いなど最小限に留められる
  • すでに完成しているので実際に家を見られ、生活をイメージしやすい

 

【デメリット】

  • 間取りが決まっているなど自由度が低い
  • 壁紙やキッチンなどの仕様が選べず、グレードも低~中程度のものが多い
  • 建築段階が見えないので、どのような工事をしているかが分かりにくい

 

デメリットは考えようによってはメリットにもなる!

メリット・デメリットと書きましたが、これはあくまで一般論です。

例えば、建売住宅のデメリットで「間取りが決まっている」を挙げましたが、建売住宅は一般的に採用されている間取りで建てられていることが多いので、さほど不便を感じることはないと考えられています。

そのため「間取りがあらかじめ決まっているのであれこれ考えなくて良かった」と、メリットに捉える方もいらっしゃいます。

メリットか・デメリットか、何を優先とするかは、建てる方のお考えやライフプランによって変わると考えてくださいね。

 

「建売住宅=安い」とは限らない

「建売住宅=安い」「注文住宅=高い」というイメージを持たれる方も多いと思いますが、実は一概にそうとも言えません。

建売住宅は価格を抑えて売るというイメージを持たれやすいですが、夢を見てもらう大型の分譲地内に建てられた「モデルハウス」という呼び名の建物も「建売住宅」の1つです。

一般的にモデルハウスは仕様を良くしていたり建物の大きさが広いことが多く、決して安売りなわけではありません。
場合によっては、注文で計画するよりモデルハウス(建売)の方が金額が高いこともあります。

逆に注文住宅は「立派なモデルハウスのような仕様や広さは求めないから、希望の予算内にしたい」という要望も叶えることができます。

ここで注意したいのが希望と予算のバランスです。
打ち合わせを重ねるとアレコレ夢が膨らんでしまうものですが、そのまま実現しようとすると予算がどんどん上がってしまいます。
あらかじめ家族の中で予算の上限をきちんと決めておいたり、建築会社の担当の人に予算をはっきりと伝えておくことが大切です。

また、モデルハウスだと照明器具や立派な仕様もサービスで入っていたり、展示期間終了とともに値引きをして販売したりと「お得」に買うことも出来る場合があります。
早く入居しないといけないなど特別な理由がない場合は、注文住宅と建売住宅の両方を視野に入れて探すのもオススメですよ!

 

後悔しないための選び方

家の飾りを虫眼鏡で覗く

メリットやデメリットは分かりやすいのでそればかり目につきやすいですが、優先事項をはっきりさせることが後悔しない家づくりのコツです。

立地、予算、入居時期、家のデザイン、バリアフリー、耐震性能、省エネ対策など、家に求める条件はいくつもあります。

絶対に外せない条件や、逆に譲歩してもいいという条件に分類していくと、注文住宅か建売住宅かといった単純な二択ではなく、希望の住宅を探しやすくなります。

もし「建売住宅で気に入ったものがあるが、間取りや壁紙が希望と異なる」というときは、入居時にリフォームや増築が可能か相談すると、注文住宅より費用を抑えて家を購入できるかもしれません。

今は予算が確保できない場合も、暮らしながら住宅資金を貯めて、希望の家に近付けていくという手段もあります。

家は長く住むものです。
家族のライフスタイルの変化もあるので、暮らしながら家を生活に合わせていくという選択も考えておいてはいかがでしょうか?

ちなみに、、2020年には建築物省エネ法の義務化により、住宅の断熱効果などに対して今より厳しい規格が設けられ、規格外の住宅の資産価値はガクッと下がることが予想されます。

注文住宅、建売住宅の違いだけでなく、今後のルール変更にもしっかり対応しているハウスメーカーや工務店に依頼することが大切になります。

札幌のハウスメーカー「コスモ建設」では、注文住宅・建売住宅どちらも取り扱っています。
お客様のご要望に合った家づくりについて一緒に考えていきましょう。

 

まとめ

注文住宅と建売住宅の大きな違いは「自分で建てていくか、建っている家を買うか」です。

注文住宅には「自分の希望が家づくりに反映させやすい」「家への愛着が深まる」などのメリットがあり、建売住宅には「価格が抑えられる」「すぐに入居できる」などのメリットがあります。

デメリットもそれぞれありますが、考えようによってはメリットになることもあるので、あまりそればかりにとらわれ過ぎないようにしましょう。
後悔しない家づくりのために、優先事項は何かを明確にしておくと良いですね。

関連ページ