1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. ローコスト住宅って実際いくら?コミコミ価格の意味とは

Column

ハウスメーカーコラム

ローコスト住宅って実際いくら?コミコミ価格の意味とは

お金のこと
ローコスト住宅って実際いくら?コミコミ価格の意味とは

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

ハウスメーカーのコスト削減の工夫が活かされた「ローコスト住宅」は、1,000万円台で一戸建てを手に入れることができるという、価格の安さが大きなメリットです。

ただし、ハウスメーカーの広告などで提示されている金額は、あくまで「家の本体価格であることが多い」ということを念頭に置かなければいけません。

本体価格以外の「工事費」や「諸経費」を視野に入れておかないと、「結果的に高くなってしまった」と感じてしまうかも?

そこで今回は、夢の一戸建てを安く建てられるローコスト住宅は、総額で一体どれくらいの価格になるのか? についてお伝えします。

 

ローコスト住宅の「コミコミ価格」

ローコスト住宅の最大のメリットは価格が安いことですが、ハウスメーカーから提示されている金額は家の本体価格(住宅本体に関わる材料費+標準工事費の「コミコミ価格」)であることが大半です。
この場合、付帯工事や地盤改良、上下水道やガスの引き込み費用などは含まれません。
「ハウスメーカーが安く見せたいからでは?」と思われがちですが、それは違います。
建築する土地によって条件が異なり、費用を見込んでの表記ができないため、そもそも金額には含められないのです。

つまり、実際に家を建てる場合は、建物本体価格には含まれていないさまざまな費用が加算されていくことを念頭に置きましょう。

何が実際いくら追加になるかは一概には言えませんが、基本的には、本体価格(コミコミ価格)+付帯工事+オプション費用=「住宅購入最終予算」と考えるのが良いかもしれません。
さらに土地を所有していない場合、上記の住宅購入最終予算に土地代金、諸経費も加わった金額となります。

建物以外の費用① 付帯工事

住宅の新築には、建物本体の工事以外にもさまざまな工事が必要となります。
「ローコスト住宅」の本体価格に含まれない付帯工事としては、給排水や基礎補強工事、換気工事、外構工事などが挙げられます。

 

建物以外の費用② オプション費用

必要最低限のシンプルな設備で価格を抑えた「ローコスト住宅」。
だからこそ、いざ建てる段階で標準仕様に物足りなさを感じてしまい、自分好みにカスタマイズしたくなるかもしれません。
システムキッチンやトイレ、浴槽などの設備のほか、耐震や断熱仕様のアップグレード、外壁、内装の素材など、オプションで追加費用がかさんでしまう可能性も。

ハウスメーカーによって、家具や照明、カーテンなどのオプション変更がコミコミで本体価格に含まれているものもありますが、デザインや種類など、選択肢がどれだけあるのかも注意点です。
結局、選択肢に気に入ったものがないだけでなく、規格上、有料でも他のオプションには付け替えが難しいという場合もあるので気を付けましょう。

 

建物以外の費用③ 諸経費

一戸建て住宅を建てる際には、各種税金やローン手数料や登記費用、火災保険料などの諸経費が必要です。
一般的に一戸建て住宅の諸経費は、物件価格の5~8%と言われています。

 

なぜ「建物本体価格」だけで提示されているの?

住宅のLDK空間

建物本体価格(コミコミ価格)以外にもさまざまな費用が加算される住宅購入費。
ところがハウスメーカーが出しているローコスト住宅の広告では、大半が本体価格しか表示されていません。
実はそこには大きな理由があります。

土地の状況で工事費が変わる

住宅を建てる土地がどのような環境なのかは非常に重要です。
たとえば地盤調査で、その土地の地盤状態によっては「地盤補強工事」が必要になります。
また、土地の高低差によっては深基礎工事を行う場合もあります。
住宅の建築費用は、建てる土地が選定された状態でないと正しい金額は出ないのです。

 

住む人の価値観&生活スタイルにもよる

住宅は、住む人によって使い勝手や重視するポイントが変わってくるので、どこをカスタマイズするかによって費用に開きが出ます。

外構や庭などの関連工事はもちろん、ガス工事であれば都市ガスかLPガスか? ガス管を引くのか? 暖房はどのような設備にするのか? パネルヒーターかエアコンか床暖か? 灯油か電気かガスか?などさまざまな選択肢がある中で個別の仕様にカスタマイズするので、必要となる材料費や工賃は変わってきます。

いずれにしても本体価格の他にどんな費用が、実際いくらかかるかは見積もりや地盤などの調査の上決定します。

とはいえ、個々の付帯工事やカスタマイズ費用自体には相場がありますので、追加したいオプションとその相場を確認した上で、どのくらいまでなら本体価格にプラスできるかを決めておくと驚くことは少なさそうです。

 

一般的なローコスト住宅の相場は?

ローコスト住宅の価格にはっきりとした定義はありませんが、その費用相場は本体価格1,000万円台となっており、建物の広さは25~40坪、坪単価で見ると30~50万円台というのが一般的なようです。
中には1,000万円以下で建つ超ローコストなものもあったり、坪単価は高くてもデザインや設備が充実したワンランク上のものがあったりとその内容はさまざま。

ただし同じローコスト住宅でも、メーカーごとに構造・間取りや耐震性能などが違い、提示された本体価格(坪単価)だけでは比べるのは難しいのです。

ちなみにコスモ建設のローコスト住宅「C-Zest(シーゼスト)シリーズ」は、坪単価45万円で高性能のツーバイフォー工法を採用。耐震対策も「最高等級である耐震等級3」と安心。
間取りも、生活スタイルに合わせた全20プランを用意しています。

 

まとめ

1,000万円台でも建てられるローコスト住宅。

ハウスメーカーの広告が建物本体価格のみを載せているのは、購入した土地の環境や住む人の暮らしに合わせたカスタマイズなどの兼ね合いから、別途費用に開きがあるから。

とはいえ、建物自体の価格が提示されていることもあり、注文住宅と違って目安となる金額がわかるのは安心ですし、規格型だからこそのメリットもあります。

大事なのは、各メーカーのさまざまなプランの特徴をしっかりと理解して比較検討することなのです。

関連ページ