1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 安い!ローコスト住宅のメリット・デメリットを解説

Column

ハウスメーカーコラム

安い!ローコスト住宅のメリット・デメリットを解説

家づくりの基本
安い!ローコスト住宅のメリット・デメリットを解説

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

近年注目が集まっている「ローコスト住宅」というものをご存知でしょうか。その名の通り「コストを抑えて建てられる住宅」のことです。

「家を安く建てられるのは嬉しいけど、本当に大丈夫なの?なんでそんなに安いの?」
と、思っている人も多いことでしょう。

今回は、そもそもローコスト住宅とはどういうものか、そしてメリット・デメリットについてお伝えします。

 

そもそもローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは「コストを抑えて建てられる住宅」のこと。

北海道で家を建てるとき、一般的に坪単価の相場は60万円以上と言われています。
これに対し、坪単価30万〜60万円で建てることができる家のことをローコスト住宅と言われています。
※コスモ建設のローコスト住宅「C-Zest(シーゼスト)シリーズ」は坪単価45万円です。

なぜこんなにも違いが出るのでしょうか。
それは通常家を建てる時は、一軒ずつ個別にお客様のご要望に合わせて作っているからです。

「ご家族の人数、どんな間取りがいいのか、広さはどのくらいなのか」といったことを決めて、オーダーメイドでそれぞれの家を設計するので、どうしても材料費、設計費、施工費などのいずれの面においても費用がかさんでしまいます。

一方、ローコスト住宅はデザインや間取りを規格化し、デザイン費・設計費を抑えている事が多いです。
そのほかにも断熱材の量や質を下げること、材料費や建て方を工夫することでローコストが可能になっています。

広さもだいたい30坪前後もしくは30坪以下が多く、さらに部品や設備を大量一括購入をすることで、必要なパーツにかかる費用も抑えられます。

このように、家づくりのさまざまな工程においてコストダウンをしているのが「ローコスト住宅」の特徴といえます。

「将来こんな家に住みたい!」とこだわりがある人にとっては、間取りのパターンが決められてしまっているローコスト住宅よりも自由設計の注文住宅が良いでしょう。
また、家づくりにあまりお金はかけたくなく、それよりは「子どもの教育費」や「自身の趣味」などにお金をかけたいと言う人には、ローコスト住宅はおすすめの住宅です。

 

ローコスト住宅のメリット・デメリット

家の間取り図

ローコスト住宅のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅の最大のメリットは、費用を抑えて建てられる点にあります。

プレカット木材(購入時点で一定規格のサイズにカット済みの木材)などを使用する、広告費や人件費をギリギリまで抑え、顧客に最大限還元する「ローコスト住宅」なら、若い世代が自分の新しい住居を持ちたい、セカンドハウスを建てたい、といった要望にも応えられます。

また、建売ではない場合、各ハウスメーカーごとに用意されている豊富なカタログや設計リストなどから、自分の理想に近い設備・間取りを組み合わせることができるのも特徴です。
(ただし、細かくカスタマイズしたいと思えばオプション料金を支払う必要があります)

一から設計士などと打ち合わせを行う時間が取れない、一定の間取りや設備があればある程度は譲歩できる、という人にはうってつけの住宅ともいえます。

 

ローコスト住宅のデメリット

ローコスト住宅に対する不満で多いのが「結果的に高くなってしまった」ということです。

ローコスト住宅の多くは、電源(コンセント)の位置や窓の位置などもパターン化されています。
トイレやバス、キッチンなども基本ユニットの組み合わせで施工されます。
選択できるものの中に自分が希望するユニットがなければ、追加費用がかかってしまいます。
コンセントの位置一つを動かすだけでも、オプション料金がかかることもあります。

こうやってオプションを追加していくと結果的にローコスト住宅のメリットが活かせなかったというケースもあります。
「ローコスト住宅は選べるユニットに限りがある」ことを覚えておいてください。

ローコスト住宅は一定規格の建材などを使用するため、より耐震補強をしたい、断熱効果を上げたい、といった地域や環境ごとのカスタマイズをするのにも追加料金がかかります。

例えば耐震補強が気になるなら、最初から耐震性が重視された住居を選ぶことでカスタマイズするポイントを減らせます。

また、上記でも少し触れましたが断熱材の量や質を下げるなどローコストにするために多くの工夫をしています。
そのため、部屋数を減らして建具を少なくする建て方にしたり、独自のルートで定期的に安く買い付けられるようにしてコストを削ることで材料費を削減したり、通常住宅よりも妥協点が多いです。
質の良いもの、オリジナル性を求める方にとってはデメリットと言えるでしょう。

ただし、品質を落とさず耐久性にも優れたローコスト住宅を建てるメーカーもありますので、自身での検討が必要です。
(コスモ建設のローコスト住宅「C-Zest(シーゼスト)シリーズ」は、ツーバイフォー工法で耐震等級は最高等級の3、解放感ある広々LDKが可能です!)

ご自身にとって重要視したい設備や間取りは何なのかを十分に考慮してみると、快適な住宅をコストを抑えて建築できる可能性があるともいえます。

 

ローコスト住宅はなぜ「ローコスト」なのか

ローコスト住宅が安い理由、それは次の「3つの経費削減」が挙げられます。

・材料費
・人件費
・諸経費、広告宣伝費

材料費は、先ほども触れましたが「規格化された建材を大量購入」することでコストダウンをしています。

以前は「コストを抑えるために、一般の住宅で使うものより品質の劣る素材を使っていることがある」といわれていました。
しかし信頼あるハウスメーカーや施工業者であれば「過剰在庫の消費」ではなく「ローコスト住宅を建てるための、あえての大量購入」を行います。

建材そのもののクオリティに対する心配はさほど気にしなくてもよいでしょう。
(降雪や耐震に対する強度補強や天井の高さの変更などはオプションになるので注意が必要です)

次に人件費ですが、決まった間取りなのでオーダーメイドで設計する必要がありません。
また、規格化された建材や設備の組み合わせで建築しますので、作業スタッフの人数や作業時間を抑えられます。

そしてあらかじめ地域ごとの特性に合った住宅を規格化し、宣伝するエリアや媒体も厳選するなど広告費はなるべくかけません。
さらに建材を手配する際の手数料や配送費、受入れスタッフの作業工数などの諸経費も大量発注により抑えています。

こうして、削られるところを削ることによってローコスト住宅が成り立っているのです。

 

まとめ

北海道で家を建てるなら坪単価の相場は60万円以上が一般的と言われている中、ローコスト住宅は坪単価30〜60万円で建てることができます。
デザインや間取りを規格化するなどして、コストダウンを実現しています。

ローコスト住宅がなぜローコストなのか、その特徴やコストダウンの理由を知れば、活用方法も見えてきます。
建売住宅よりカタログやリストから選べる自由度がありますので、理想に近い住居が建てられますよ。

ローコスト住宅のメリット・デメリットをしっかり把握して、ご自身に合った家づくりをしてくださいね!

関連ページ