1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. エアコン暖房は北海道で寒い!? 今はそんなことないんです!

Column

ハウスメーカーコラム

エアコン暖房は北海道で寒い!? 今はそんなことないんです!

住まいの知識
エアコン暖房は北海道で寒い!? 今はそんなことないんです!

コスモ建設です。いつも記事を見て下さってありがとうございます。

「北海道の冬だとエアコン暖房は寒いのでは?」そう思っている方は多いと思います。
実はそのイメージ、もう過去の話なんです!

最新エアコン暖房の仕組みや機能、メリットデメリットも余さずご紹介。最新のエアコン暖房事情をお伝えします!

 

「エアコン暖房は北海道では寒い」は過去の話?

北海道の厳しい冬にエアコン暖房では寒いと思っている方、多いのではないでしょうか?
実はそのイメージはもう古いですよ!

最近は高性能な寒冷地仕様のエアコン暖房が続々登場しており、その性能もどんどん上がっています。
ちなみにコスモ建設の規格住宅ではエアコン暖房(ズバ暖霧ヶ峰)がスタンダードです。

エアコン暖房は、室外機で吸い込んだ屋外の空気から熱交換器で高熱の熱量を取り出し、室内に熱量を放出することで部屋を暖めています。
今までの一般的なエアコンは外気温が低いと取り出せる熱量が減ってしまい、パワーダウンしがちでした。

しかし、最新式の寒冷地仕様エアコン暖房は外気温に関係なくパワフルに稼働!
消費電力の約5倍の熱エネルギーを作り出すことができる「ヒートポンプシステム」で、効率よく温風を作り出します。

また、北国のエアコンで悩みの種だった室外機の霜についても対策は万全です。
従来、室外機に霜がつくと暖房を一時中断して霜取り運転に切り替わっていましたが、最新のエアコン暖房では霜取り運転中も暖房が途切れず、ずっと温かい風を送ってくれます!

スイッチを押してから暖房の立ち上がりまでの時間も大きく短縮され、部屋を短い時間で暖めることが可能になりました。

 

北海道で暖房をエアコンにするメリットとデメリットは?

近年北海道でも増えてきているエアコン暖房のメリットとデメリットをご紹介します!

エアコン暖房のメリット

暖房も冷房も1台でカバー

エアコンは暖房はもちろん、冷房も可能なのは大きなメリットですね。
夏が涼しい北海道とはいえ、近年は温暖化の影響で真夏日も増えて熱中症の危険性も増しています。
実際に北海道でもクーラーの需要や普及率は向上中です!

エアコンなら冷暖房が1台でまかなえるので、経済的にも設置スペース的にもお得です!

 

暖房に火を使わないので安心

北海道では定番の灯油やガスを使用する燃焼式のストーブ、パネルヒーターは暖かいですが火傷や火事、ガス漏れなどの心配があります。
小さいお子さんやお年寄りのいる家庭では特に心配ですよね。
電気で稼働するエアコン暖房なら、そのような心配はなく安全です!

 

空気清浄機能つきの製品も続々登場

近年発売されたエアコン暖房には空気清浄機能が付いているものが多くなりました。
暖房をつけているだけでお部屋の空気が綺麗になりますよ。
フィルターの自動清掃機能がついているエアコンも多いので、お手入れも楽チンです。

 

エアコン暖房のデメリット

空気が乾燥しがち

エアコン暖房をつけていると空気が乾燥してしまいます。
ケアをしないと肌がカサカサになったり、喉が痛くなって風邪の一因につながってしまったり……。
エアコンをつけている時は、同時に加湿器を使用するなどの乾燥対策をおすすめします。

 

部屋の低い位置が暖まりにくい

エアコンは部屋の高い位置に設置されることがほとんどです。
暖房で吹き出される暖かい風は空気中の上で滞留するので、床周りなどの部屋の低い位置はなかなか暖まりづらいです。

エアコン暖房の吹き出し口角度を調整したり、サーキュレーターなどを利用して暖かい空気を循環させると良いですね。
高性能なエアコンだと足元を暖めるように気流が工夫されていたり、足元の温度をセンサーで認識して調整する機能がついているものもありますよ!

 

寒い北海道におすすめのエアコン暖房の配置

エアコンの室外機

寒い北海道の冬を快適に過ごすためには、エアコン暖房の設置場所も気にしてみましょう。
効率的に部屋を暖めることができれば暖かいのはもちろん、省エネ&経済的です!
これからエアコン暖房を取り付けようと思っている方は要チェックです!

室内機は室外機に近い外壁側に設置する

エアコン暖房は室外機で温風を作っています。
室外機と室内機が離れすぎていると、温風を室内機へ送っている間に冷えてしまい大変効率が悪くなってしまいます。
室内機と室外機はできるだけ近くに設置しましょう。
また、窓や外気の影響を受けやすい外壁側に設置することで一度温めた部屋が冷めにくくなります。

 

エアコン暖房の下に物を置かない

暖かい空気はどうしても上に滞留してしまいます。
部屋全体を効率的に暖めるため、暖房時にはエアコンの真下に向けて送風し部屋全体に温風を循環させます。

しかし、エアコンの下に家具などがあると、物が邪魔をして暖かい空気が足元まで届きません。
エアコンの真下には物を置かないようにして、温風がしっかり下まで届くようにしましょう。

 

短辺側の壁に設置する

部屋の形は長方形をしていることが多いですが、その長さが短い方の壁へ取り付けるようにしましょう。
エアコンから吹き出る風は基本的には真っすぐしか進みません。
広い壁側に取り付けてしまうと、エアコン暖房の温風が当たらない部分ができてしまい、暖房効率が悪くなってしまいます。

 

まとめ

寒い北海道の冬でもエアコン暖房は有効です。
「エアコン暖房は寒いのでは?」というのは古いイメージですよ。

最新式の寒冷地仕様エアコン暖房はとってもパワフルで、短い時間で部屋をすぐにしっかり暖めてくれます。
とっても効率的な「ヒートポンプ」機能で省エネも実現!

エアコンは冬の暖房も夏の冷房も1台でまかなえますし、火を使わないので火傷や火事の心配もなく安心。
一方で、空気の乾燥や足元は暖まりづらいという弱点も。

エアコン暖房の下に家具を置かないようにしたり室外機の近くに設置したりするなど、配置に気を付けることでさらに効率的に部屋を暖めることができますよ!

関連ページ