Greeting

社長挨拶

一棟一棟に心を込めて。

お客様の数だけ、住まいづくりがあります。理想の住まいとは何か、それはお客様によって違います。私たちは常にその考え方や希望に謙虚であるべきだと思っています。趣味や嗜好が人それぞれであるように、マイホームに求める思いも家族それぞれのものです。まずはお客様と一緒になって、同じ価値観を持ち、取り組んでいくことが大切です。

私は高校・大学と7年間カナダで過ごしました。言語はまず「聞く」ことから上達し、次に「話す」がついてきます。相手の表情や声のトーン、身振り手振りなどを感じながら、人間が持つ五感の全てを使うことでコミュニケーションが成立することを学びました。

お客様とわかりあえることで、良い関係が出来上がります。それは簡単なこと、きれいごとではなく、私たちの経験や知識の全てを出し切って向き合う、ということなのかもしれません。だからお客様に喜んでいただけるととてもうれしい。人生最大の笑顔を作ってあげられることが、私たちの至上の喜びだと思います。大きなやりがいであり、次のステップへのモチベーションを高めることでもあります。

1984年(昭和59年)の創業以来、コスモ建設は「誠心誠意」を信条に取り組んでまいりました。「心遣い」「おもてなしの心」「真心の住まいづくり」。心を込めた一つひとつの思いは、必ずやお客様に届くと信じています。建てたお客様のお子さまが、成人になり結婚したのちに再びコスモ建設で建てていただけるのは「心」が伝わった証であると自負しております。

私は留学中に、カナダ、アメリカ、ヨーロッパなどを訪れ、‘住まいのあたたかさ、豊かさ’を実感し、日本においてそれらを是非表現したいと、思いを新たにしました。北海道と似た気候の北米で生まれたツーバイフォー・ツーバイシックス住宅を、独自の技術で磨き上げた多彩な輸入住宅。さらに分譲マンションの販売経験も住まいづくりに生かしながら、時代とともに変化するお客様のニーズにお応えしてまいりました。

これからも、コスモ建設ならではのデザインと性能で、資産価値の高い住宅品質を追求してまいります。お客様との出会いと絆を大切に、一歩一歩、一棟一心、丁寧に歩んでまいります。

コスモ建設株式会社 代表取締役社長高山 寿彦

5歳の頃からアイスホッケーをはじめ、NHL(ナショナルホッケーリーグ:世界最高峰のプロリーグ)を夢見る。本場カナダの名門ノートルダム高校へ単身留学。日本人初の「得点・アシスト・ポイント」の3冠を獲得しチームMVP受賞。サスカチュワン州ジュニアオールスターのメンバーに選出される。

卒業後はアルバータ州オーガスターナ大学に進学し、1年よりレギュラーを獲得。ヨーロッパ遠征も経験する。大学卒業前に、試合中のケガによる影響でアイスホッケー選手としての引退を決意。

2000年(平成12年)帰国と同時に、東京にて就職。5年間在籍した業界大手のマンション販売会社で、年間販売件数トップの成績を収める。

2004年に故郷の北海道へ戻りコスモ建設入社。経理・工務部などの各部署を経験し、その後営業職となり10年連続(平成18年~28年)トップセールス、注文住宅契約棟数、通算235棟を達成する。

営業本部長、その後代表取締役専務を経て、2017年(平成29年)9月より現職。