1. トップ
  2. 家づくりのヒント
  3. 天窓のメリット・デメリットをわかりやすく解説します!

Column

家づくりのヒント

天窓のメリット・デメリットをわかりやすく解説します!

家づくりの基本
天窓のメリット・デメリットをわかりやすく解説します!

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

今日は天窓についてのお話です。
天窓は、トップライトやスカイライト、ルーフ窓とも呼ばれます。

天窓って昼は日光が差して明るく、夜は星空が見えてロマンチック!
そんなイメージがありませんか?

ただ実際付けるとなると、掃除や雨漏りが心配という声も多く聞かれます。

でも実はメリットもたくさんあるんですよ!

付けるかどうか迷われている方へ、天窓のメリットや設置のコツ、デメリットの解決方法をご紹介します。

 

天窓のメリットはこんなにある!

天窓のメリットは思っている以上にたくさんあります。簡単にご説明します!

 

① 採光効果による健康効果

日光に当たることで体内時計が整い、体調を整えてくれる効果があると言われています。
うつ病の予防にも良いという研究があるほどで、光の健康効果は見逃せません。

天窓は壁面の窓に比べて3倍の採光効果があると規定されています。
ふんだんに日光を取り入れることで、心も体も健康な生活を送れます!

 

② 風通しが良くなる

開閉性の天窓を付けることで、壁面だけで換気を行う時に比べて風通しが最大で4倍も良くなると言われています。
換気しやすくなると同時に、夏場は部屋の上空にたまった熱気を外に逃がしやすくする効果も期待できます。

開閉性の天窓は、寒い地域だと三層ガラスを使用した「寒冷地タイプ」がおすすめですよ。

 

③ プライバシーが守られる

住宅密集地の場合、窓を開けたくてもプライバシーや防犯面で気になって開けられないということが多々あると思いますが、天窓であればクリアできます。
空に隔てるものが無い限りは光が取り入れられるので、住宅密集地でこそ天窓のメリットは大きく感じられると思います。

 

④ 家全体のデザインが良くなる

天窓が付いていると外観の美しさもさることながら、家の内側からの開放感は素晴らしいです。
曇りの日でも天井面から光が射すため、優しい光が室内に広がります。
窓の位置を天井にずらすことで、室内のインテリアの配置を窓に左右されにくいというメリットも!

 

⑤ 光熱費の削減ができる

昼間は日光を取り入れることで照明を付けなくても十分な採光があり、冬であれば部屋自体も暖かくなるので暖房も付けなくて良い(もしくは設定温度を低くできる)など、省エネ効果が期待できます。
通風効果も高いので風が通りやすく、暑い日でも涼しく感じやすくなります。

 

⑥ 子どもの情操教育に良い

情操教育とは、簡単に言うと心を豊かにする教育のことです。
自然に触れたり、音楽や美術などの芸術に興味を持ったり、動物と関わったりすることで豊かな感性を育むというものです。

天窓を付けることで、雲の移ろいを感じたり、月や星を見て不思議に思ったり美しいと思ったり、雨や風の音に驚いたりと、自然を肌で感じやすくなります。

天窓を付けるメリットは、家のデザインだけでなく、健康効果や自然を感じることでのリラックス効果もあると考えられます。
特に住宅密集地など、光が取り入れにくかったり、自然にもっと触れたいと感じているご家庭には、天窓のメリットは大きいと言えるでしょう。

 

天窓のデメリットと解決法

天窓と照明ライト

天窓のメリットは残念ながらデメリットにもなり得ます。デメリットとその解決方法をご紹介します。

 

① ソーラーパネルの設置面積が減る

天窓が付いている部分にソーラーパネルは載せられないので、パネルをたくさん載せたい方には不向きでしょう。

【解決法】
ソーラーパネルは南側に付けることがほとんどなので、それ以外の方角で天窓を付けると良いでしょう。
特に北側はソーラーパネルを載せないので、採光目的で北側に天窓を設置するのは理にかなっています。

 

② 雨漏り

天窓は屋根に穴を開けるのと同じなので、雨漏りの可能性はゼロではありません。

【解決法】
雨漏りのほとんどが天窓のゴムパッキンの劣化や施工不良が原因です。
雨漏りはメンテナンスで解決可能なので、設置の際はしっかりとした実績のある工務店を選ぶようにし、メンテナンスの対応がきちんとできるか確認すると安心です。
もちろん企業による雨漏り対策もあり、年々改善はされてきています。

 

③ 掃除

ご自身で掃除をするのは大変難しい場所なので汚れやすくなります。

【解決法】
内側からの掃除は柄の長い高所専用の掃除モップで拭き掃除ができます。
外側の掃除は危険なので業者に依頼するのが一番ですが、業者によっては汚れが付きにくいガラスを採用しているところもあります。

 

④ 暖房・冷房効率の低下

窓がある分どうしても隙間が生じてしまうので、断熱効果は弱くなります。

【解決法】
斜熱の複層ガラスを選ぶことで緩和できます。

 

⑤ 眩し過ぎる

特に夏の日差しが強いときには眩し過ぎることがあるようです。
日焼けが気になる場合もあります。

【解決法】
ご自身でカーテンを付けられる方もいらっしゃいます。
その他に専用のブラインドやスクリーンもあるので、明りを調整することは可能です。
日焼けが気になる場合も、UVカット能力の高いガラスを選ぶと良いでしょう。

 

⑥ 雨音が響く

直接窓に雨が叩きつけるため、雨音は大きく聞こえがちです。

【解決法】
寝室や勉強部屋など音が気になる部屋への設置は避け、廊下などに付けると距離が出来るので音は気になりにくくなります。

 

メリットが時にデメリットになってしまう面がありますが、近年の企業努力の賜(たまもの)でかなり解決できているようです。

 

天窓の種類やおすすめの設置場所

スタジオの天窓

天窓の種類やおすすめの設置場所をご紹介します。

 

天窓の種類

天窓の種類としては主に2種類あります。

① 固定式の天窓
② 開閉式の天窓

①の固定式は「採光」目的と考えてください。
②の開閉式は風も取り込めるため、通気性や換気性もアップさせたい方に向いています。
②には手動と自動があり、自動の中にはタイマー式で閉まるものや温度や雨を感知して自動で閉まるものがあります。

①と②のどちらが良い・おすすめということではなく、ライフスタイルや目的、お住いの地域に合わせて選ぶと、自分の家に合う天窓が選べ、デメリットも感じにくくなりますよ。

 

おすすめの設置場所

採光目的で考えれば、北側・東側に付けるのがおすすめです。

洗濯物を部屋干しするというご家庭は、洗濯物を干す部屋に付けるというのも良いですね。
下着などプライバシーが気になるものを干したいときも、天窓なら安心です。

開閉式の天窓は換気性が良いので、臭いのこもりやすいキッチンに付けるのも良いでしょう。

廊下や玄関などは光を取り込みにくく照明頼りになりがちなので、一つ天窓があることでグンと明るさが増しますよ。

 

天窓はメリット多し!デメリットも解決策で対応可能

天窓は省エネや採光だけでなく健康効果も期待できます。
開閉式の天窓を取り入れると通気性も得ることができ、メリットは多いです。

天窓から季節の移ろいを感じやすいため、お子さんの情操教育にも良いですし、のんびりと空を見上げてリラックスタイムを過ごされるのも良いのではないでしょうか。

天窓は、例えばこんな方におすすめです!
・自然との触れ合いを大切にしたい
・環境に優しい暮らしがしたい
・空を見上げるのが好き
・住宅密集地で壁面の窓からは光を取り入れにくい

もちろんメリットはデメリットにもなり得ますが解決法はあるので、天窓を設置したい目的などを総合的に判断されると良いですね!

新築一戸建てをご検討の方は、札幌のハウスメーカー コスモ建設へお気軽にご相談下さい!
私たちは1984年創業以来、地域に密着した建築会社として北海道の家づくりに取り組んでいます。
北海道に適したツーバイフォー・ツーバイシックス住宅をご提案します!

 

 

関連ページ