お問合せ 資料請求 見学予約
ホーム > ハウスメーカーコラム > 北海道の玄関フード事情とは。必要なのは北海道だけ?

ハウスメーカーコラム

北海道の玄関フード事情とは。必要なのは北海道だけ?

コスモ建設です。いつも記事を見て下さってありがとうございます。

北海道の戸建て住宅ではおなじみの風景「玄関フード」。
玄関の外を透明の壁でぐるりと囲う、見た目は温室のようなもので、風除室とも呼ばれます。

ただ、最近では「玄関フードは必要無し」と言われることもあり、家を建てられる際に設置を迷われる人も多いようです。

今回は、そもそも玄関フードってどんなもの?設置するのは北海道だけ?本当に必要?
そんな疑問にお答えしていきます!

 

玄関フードって何?風除室と違う?

玄関フードと風除室は基本的には同じものです。

住宅用以外のものですが、スーパーの入口などをぐるりと囲むサンルームのようなつくりを見たことがないでしょうか?
あれが風除室です。北海道だけでなく、九州などでも見られます。

全国的に風除室はありますが、特に「玄関フード」と表現するものは、より強い防寒対策がなされています。

特に玄関は家の中でも冷え込みやすく、玄関フードがないと玄関が凍ってしまい、床が滑る・ドアが開かないということがあります。

また、雪がドアの隙間から吹き込んできたり、積雪でドアが開けられなかったりということもあり、玄関フードは雪に悩む地域ではなくてはならない存在と言えるかもしれません。

一方風除室と表現するスペースの場合は、空気の流出入を抑える効果や、雨や風よけ、ホコリを室内に持ち込みにくくするメリットがあります。

 

住宅用の玄関フードって北海道だけ?

北海道以外でも玄関フード(風除室)を取り入れる住宅はあります。
ただし、雨よけ、花粉やほこりよけ、宅配の一時置き場、荷物置き場、ペットの脱走防止など、北海道と導入の意味合いが違う傾向にあります。

北海道の住宅に玄関フードが多いのは、やはり「雪」「寒さ」が理由です。
北海道だけでなく、東北・北陸など豪雪地帯では取り入れる家が多いです。

寒い地方では窓が二重窓になっているように、玄関フードを設置することで二枚扉のようなつくりになり、寒さがグッと和らぎます。

また、雪国に必要な除雪道具も玄関フード内に収納しておけば、家から離れた物置に取りに行く必要もありません。
そもそも、雪がすごく降った日に物置まで行けるか?物置の扉が開けられるか?という心配も無用になります。

 

北海道の家に玄関フードって本当に必要?

悩む夫婦

雪国には欠かせない玄関フードですが、最近では玄関ドア自体の断熱性能が上がっており、さらに家も高気密の住宅が増えており「寒さ対策のため」の玄関フードはあまり必要ないケースが多いです。
玄関フードは冬には重宝しますが、夏場は蒸し暑くなり開けっ放しというデメリットがあることも「本当に必要か?」と思われるゆえんのようです。

ですが、地域性や家のつくりによっては選ぶのもアリです!
例えば、自家製の保存食を作る家庭や集落では食材が凍らない玄関フード内に保管する、なんてこともあります。
また、「寒さ」対策としては必要なくても「雪」対策には玄関フードは必要なこともあるでしょう。
雪が吹き込んできて困るときには、玄関フードの存在は頼もしいです。

玄関フードは建築時には付けずに後付けすることもできますが、家全体のデザインのバランスが取りづらくなったり、設計に別途費用が掛かるというデメリットがあります。
新築時に玄関フード設置の有無についても頭に入れておくと良いですね。

家全体のデザインを考えて、玄関フードを付けずに玄関ポーチの奥行きを長く取り、玄関ドアまでの距離を長く取ったところに設置することもあります。

玄関まで長めの通路を設置することにより玄関フードの役割を果たしてくれるので、寒さ・雪対策が可能です。
また、最近の玄関フードはスタイリッシュなものやレールの無いバリアフリーのものなど、種類もたくさんあるので、建築時から選んでおけば家とのバランスを損なうことは少ないでしょう。

 

この記事のポイント

北海道ではおなじみの玄関フードは風除湿とも呼ばれ、寒さの厳しい冬には寒さと雪の対策に欠かせない存在です。

近年は玄関ドア自体の断熱性能が向上し、家全体も高気密になっているので、昔に比べると「無くても良いもの」という存在になってきてはいます。
荷物の一時置きや雨よけ、雪の吹込み対策として玄関フードがあると助かる、というメリットもありますので、住んでから考えてみても良いかもしれませんね。

そのため、家をつくってから「やっぱり玄関フードはあったほうがいい」と後付けすることも可能です。
ただし、後付けの場合は家全体のデザインとのバランスや強度を保つのに工夫する必要があるということは知っておきましょう。