1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 平屋は寒いって本当?暖かい平屋にするポイントとは

Column

ハウスメーカーコラム

平屋は寒いって本当?暖かい平屋にするポイントとは

家づくりの基本
平屋は寒いって本当?暖かい平屋にするポイントとは

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

ゆったりとした間取りで、最近は若い方にも人気が高い平屋。
「平屋って、寒いって聞くけど本当?」という質問をよく受けます。

実は、平屋が寒いというのは過去のイメージ。
現在の平屋は寒くないですよ!

今回は「平屋は寒い」と言われていた理由と、現在の暖かさの理由を解説。
暖かく快適な平屋を建てるポイントについてもご紹介します。

 

近年は平屋も暖かい!「平屋は寒い」と言われる理由とは

「平屋に憧れるけど、平屋は寒いと聞くので迷っている」という方はいませんか?
平屋が寒いというのは、ちょっと古い情報です。
現在の平屋は寒くないので安心してください!

「平屋は寒い」というイメージになってしまったのは、平屋の間取りに関係します。

平屋は吹き抜けの空間を作って天井を高くしたり、仕切りの少ないワンフロアにしたりと、広々とした空間を生かす間取りにすることが多いです。
たしかに天井が高いと冷たい空気が上から下に降りてきて、寒くなってしまう可能性があります。
せっかく暖房で温めた空気が上ってしまい、吹き抜けの天窓に触れて冷やされ、冷たい空気として下に降りてくる……これをコールドドラフト現象といいます。

空間が広いと暖房がいきわたるのが遅くて寒いというケースもあるでしょう。

しかしこれは昔の、断熱性が低い家での話。
現在の家は断熱性能がぐっとあがり、暖かい空気を外に逃さず、冷たい外気の影響も受けにくくなっています。

特に北海道の住宅は、高気密高断熱!
外壁・屋根・床下、窓などの断熱もしっかり対応されていて、温かい空気を室内に留めながら、外の冷たい空気は完全にシャットアウト!
天窓から入る太陽の光が部屋を隅々まで照らし、広々空間の平屋でも寒さを感じることなく快適に過ごすことができるでしょう。

 

暖かい平屋にするためのポイントや対策は?

窓とシーリングファン

広い空間の平屋でも暖かく快適な家にするためには、断熱性・気密性が大切!
壁や屋根の断熱材は性能の高いものを選びましょう。

大きな窓は開放感があって素敵ですが、室内の空気が冷えてしまう大きな原因にもなります。
窓には断熱性の高いペアガラスや樹脂性のサッシなどを取り入れるのがおすすめ!
コールドドラフト現象が起こらないように、吹き抜けに面する窓の断熱性にも注意してくださいね。

吹き抜け部分に、自動開閉ができるシェーディングを取り付けるという方法もあります。
夜には吹き抜けを仕切ってしまえば、上から冷たい空気が降りてくるのを防げます。
レース状のシェードなら圧迫感も少ないでしょう。

また、足元からじんわり暖めてくれる床暖房も人気です。
足元が暖かいと体感温度が上がって快適です。
下から暖めることで、部屋全体を効果的に暖めることもできます。

さらに天井へシーリングファンを取り付ける、サーキュレーターを活用するなどして暖かい空気を部屋中に循環させましょう。
平屋は一階建てのワンフロアなので、窓の設置を工夫して部屋の奥まで陽光が入る間取りにするのも良さそうです。

 

まとめ

天井が高く空間が広い平屋は、寒いというイメージがあるかもしれませんが、現在の家は気密性や断熱性がアップしているので、そんな心配はご無用!

特に北海道の住宅は、高気密・高断熱です。
暖かい空気を外に逃さず、冷たい外気の影響も受けず、冬でも快適に過ごすことができますよ。

暖かい平屋にするためにはなにより断熱性がポイント!
壁や床には高性能な断熱材、窓にはペアガラスや樹脂製サッシを採用するなど、高断熱高気密の住宅を目指してください。

床暖房で足元からじんわりと温める、シーリングファンやサーキュレーターで暖かい空気を循環させるという工夫も有効ですよ。

関連ページ