1. トップ
  2. 家づくりのヒント
  3. 耐震性の高い一戸建てのポイントはツーバイフォー工法にあり!

Column

家づくりのヒント

耐震性の高い一戸建てのポイントはツーバイフォー工法にあり!

性能のこと
耐震性の高い一戸建てのポイントはツーバイフォー工法にあり!

こんにちは、コスモ建設です。

日本には現在様々な建築方法があります。
日本家屋を長く持たせる日本古来の建築方法や、欧米から技術を学び発展させた建築方法など、住宅を建てる規模や地域、地盤の強さなどによってどの建築方法が向いているかが決まります。

地震の多い日本でこれから住宅を建てるなら選択肢に入れたいのが「ツーバイフォー工法」の住宅です。
CMなどで聞いたことはあるけど詳しくは…という人にこそ、ぜひ検討してほしいこの「ツーバイフォー工法」。

今回は、ツーバイフォー住宅が頑丈であり、北海道の一戸建て建築に向いている理由についてご紹介します。

ツーバイフォー工法は「面で住宅を建築する」=耐震性・耐久性がある

ツーバイフォー工法は日本では「木造枠組壁構法」と呼び、北米発祥の技術です。
日本では明治末期ごろに技術輸入され、全国に広まりました。
2インチ×4インチを基軸とした構造用合板を使用し、フレーム構造で建築を行うことからこの名称が使われています。

日本家屋は従来「木造軸組工法」と呼ばれる柱と梁を中心として住宅を建てる工法が主流でした。
住宅の間取りの自由度などが高くニーズに沿った住宅建築が可能である一方で、住宅の強度は柱と梁の強度に依存し、職人さんの腕次第で住宅の品質が大きく変化することも珍しくありませんでした。

ツーバイフォー工法は、もともと使用する合板のパターンが定められているため、比較的経験の浅い職人であっても、一定基準以上の住宅を建てることが可能です。

日本は地震大国とも呼ばれ、強度の高い住宅を建てることは重要なポイントになります。
木造軸組工法では大きな柱や梁が壊れてしまうと、耐震等に対する強度が損なわれてしまうというデメリットがあります。
その点、ツーバイフォー住宅は面構造ですので柔軟性があり、地震や台風・雪嵐などの外部から受けたダメージを分散させやすい傾向にあります。

ツーバイフォーが北海道にふさわしい理由とは?

ツーバイフォー工法は先ほどご紹介した通り、北米発祥の建築技術です。
そのため比較的寒い地域で住宅を建てるのに向いています。
実際、新築住宅におけるツーバイフォー工法の都道府県別シェアは「北海道がダントツNo1」と言われています。

北海道で人気が集まるのには次のような理由があげられます。

 

湿度の低さ=強度の高さを維持できる

面で建物の構造を決める「ツーバイフォー工法」では多くの合板を使い強度を上げますが、高温多湿の地域ではこの合板に湿気によるカビや結露を発生しやすいのがネックでした。

北海道は本州と比較すると湿度が低い傾向にあります。
本州の一部では多湿の影響からツーバイフォー住宅が向かない地域もあるほどです。

 

高気密性・高断熱性

ツーバイフォー住宅は気密性や断熱性が高いのが特徴です。

冬の北海道はご存知の通り、寒くて降雪量も多い地域です。
気密性や断熱性が高い住宅であれば、冬期間の寒さから住宅や住民を守り室内の暖房の熱も逃がしにくくなります。

 

工期の短さ

北海道では降雪時期がありますので、あまり冬期間にかからないよう住居を建築するのが一般的です。
ツーバイフォー工法は建設のパターンがある程度定まっており、工期の短縮が期待できます。

ツーバイフォーのデメリットをできるだけ回避するコツとは?

ツーバイフォー工法は北海道で住居を構えるためのとても便利な工法ですが、実はデメリットも存在します。

デメリットを理解していれば、新築時の設計プランも明確になります。
ぜひチェックしましょう!

 

建築時の水分に注意=冬期やエゾ梅雨を避けて建築する

ツーバイフォーの木材は面で構成されているため、建築時の湿度や冬の長期にわたる降雪により強度に影響を受けやすいほか、内部結露の原因になります。

回避するにはできるだけ荒天になりやすい時期を避けて建築します。

 

増築しにくい=新築時の間取り構成は吟味して

ツーバイフォー住宅は壁全面が家の強度を保つ大切なパーツです。
そのため、2世帯住宅への建て増しや間取りのリフォームを行いづらいのが特徴です。

いま流行りの間取りに走りすぎず、長く住めるデザインも取り入れましょう。

 

対応できる業者が少ない=信頼できるハウスメーカーなら大丈夫

ツーバイフォーが本格的に日本で浸透したのは昭和49年ごろです。
街の小さな工務店では対応できないこともあります。

住宅建築を専門にしている「ハウスメーカー」に依頼するとよいでしょう

「ツーバイフォー工法」は耐震性以外にも魅力満載な建築方法です

ツーバイフォー工法は耐震性以外にも様々な理由から北海道の住宅建築に向いており、さらに住宅が長持ちしやすい傾向にあります。

建築方法でも強度や施工費用に大きく影響が出ますので、オープンハウスへ立ち寄って確認してみると良いでしょう。