1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 家族の輪が広がる「ウッドデッキの楽しみ方」

Column

ハウスメーカーコラム

家族の輪が広がる「ウッドデッキの楽しみ方」

庭・外構のこと
家族の輪が広がる「ウッドデッキの楽しみ方」

コスモ建設です。いつも記事を見てくださってありがとうございます。

今回は「ウッドデッキ」についてのお話です。
従来の日本家屋にあった「縁側」とはまた一味違った「ウッドデッキ」の魅力をご紹介します。

ウッドデッキは「もう一つの部屋」にもなる

??????????????????????????????????????????????????????????

ウッドデッキは多くの場合、地面から少し高い場所に設置し、住宅と庭や室外スペースをつなぐクッションスペースとして活用します。

ウッドデッキの最大の魅力は、日常使いの快適さはもちろん、ちょっとしたスペシャルタイムに家族や友人が集まる、「もう一つの部屋」として活用できる点ではないでしょうか。

たとえば、次のような活用法があります。

ベランダの延長として

日常的には、洗濯物を干すときには地面から高く風通しも良いので、移動が楽なだけではなく家事の時短にもつながります。

天気の良い休日には、ウッドデッキで読書などリラックスタイムを過ごせそうです♪

ホームパーティーのサブ会場として

ウッドデッキにソファーやテーブルを持ち込めば、快適なカフェやビアガーデンをご自宅で再現出来ます。仲のよい友人やご家族を招いてホームパーティーも楽しそうですね。

近隣とウッドデッキの間隔があれば、野外焼き肉などの団らんにも使用できます。
※地域によっては自宅敷地内であっても野外の火気を厳禁とする町内会もあります。

小さなお子様やペットの遊び場として

囲み型のウッドデッキで2坪ぐらいあれば、小さなお子様や小型犬、猫などを遊ばせるためのスペースとしても良いですね。

散歩に行くには時間が取れないけど、天気がいいからもったいない!というときにはぜひウッドデッキを開放してあげましょう。

※樹脂木や木粉含有率の低い人工木は太陽光により高熱になりやすいので、サンダルやビニールシート、日傘などの用意をおすすめします。

お子様と簡易プールで夕涼み

夏の醍醐味の一つであるお子様との水遊びもウッドデッキならでは。
庭先での簡易プールと比較すると、水浴びを楽しんだ後の室内への移動が簡単です。
遊んでいる最中に流れ出た水もコンクリートでは一箇所に溜まりやすいですが、ウッドデッキならその心配はなさそうです。

※天然木のウッドデッキで水気の放置は腐食の原因につながりやすいので、ウッドデッキ自体のメンテナンスは随時必要になります。

樹脂木、人工木、天然木、それぞれの特徴

83cdff7d2c663e5e3ee515c5cbf06f4f_s

ウッドデッキは暖かみのある木の質感が特徴ですが、ウッドデッキには樹脂木/人工木/天然木があり、それぞれ以下のような特徴があります。

table

天然木

天然木には味があり、エイジングされるたびに人工木や樹脂木にはない風合いを楽しむことができます。

デメリットとしては、ウッドデッキ初心者にはメンテナンスなどの手間が少々大変なのかもしれない点があげられます。また、広葉樹と針葉樹でも特徴に違いがありますので、理想のデザインやメンテナンス頻度に応じて選択するとよいでしょう。

人工素材

人工素材にはポリエステルなどの樹脂100%である「樹脂木」と、樹脂に再生木や天然木を作る際に出る木粉・端材などを混ぜて加工された「人工木」があります。

樹脂木

素材のすべてが人工樹脂であり、メンテナンスの容易さや強度は樹脂木が一番です。樹脂だからこその均一の目地で、デッキの統一感が生まれます。

人工木

樹脂木と比較しやや強度に劣りますが、木粉の含有率が高い(50%以上)人工木なら真夏の炎天下でも温まりにくいので、小さなお子様やペットをウッドデッキで遊ばせたいなら、こちらを選ぶのがよさそうです。

また、実際に樹木が混ざっていますので、天然木に近い色合いが出やすいのも人工木の特徴といえるでしょう。ただし、木粉の含有率が上がればメンテナンスの頻度も増します。

プロの施工とDIY、どちらがおススメ?

image4

天然木は樹脂木・人工木と比較し重めです。
また、同じ樹木でも一本一本特徴が違い、模様をそろえるのも一苦労するので、DIY初心者には少し難易度が高いです。
天然木の多くは輸入されてきているので、価格も少々高め。

味のある天然木をしっかり組み上げ長く愛用したいなら、やはり最初はプロの施工にお願いするのが得策。
プロの施工は何といっても出来上がりまで決まった期間で仕上がるし、完成度も高いです。
日々のメンテナンスさえ怠らなければずっと安心して活用できます。

ホームセンターなどで購入できるDIY用のウッドデッキは、人工木もしくは樹脂木が多く、製作キットも豊富に販売されています。
製作キットに含まれる資材はすでにカットされているので、初心者が苦戦する「同じ長さに資材をカット」という工程を省くことができます。

ベランダや庭との境目に1坪ほどのウッドデッキを作ってみたいのであれば、相場としては約5万円台から設置できるので、DIY好きにはもってこいかもしれません。

しゃぼん玉で遊ぶ子供たち。家族で楽しむバーベキュー。犬が楽しそうに走り回る風景。
せっかく一戸建てを検討されるなら、是非ウッドデッキの楽しみ方も視野に入れてみてくださいね。

 

新築一戸建てをご検討の方は、札幌のハウスメーカー コスモ建設へお気軽にご相談下さい!
私たちは1984年創業以来、地域に密着した建築会社として北海道の家づくりに取り組んでいます。
北海道に適したツーバイフォー・ツーバイシックス住宅をご提案します!

 

関連ページ