1. トップ
  2. ハウスメーカーコラム
  3. 輸入住宅は高い?相場や安く抑える方法もご紹介!

Column

ハウスメーカーコラム

輸入住宅は高い?相場や安く抑える方法もご紹介!

お金のこと
輸入住宅は高い?相場や安く抑える方法もご紹介!

見つけるとつい眺めてしまう、オシャレな輸入住宅。
「輸入住宅に憧れるけど高いのかな?」そう迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は近年人気が高まっている輸入住宅についてご紹介します。
輸入住宅とはどんな住宅か、輸入住宅の建築費用の相場や費用を抑えるポイントなどもご紹介します。

 

輸入住宅とは、海外のデザインや設計を輸入し取り入れた住宅

輸入住宅とは、海外の設計思想を取り入れた住宅のこと。
住宅の設計やデザイン、内装には、その土地ごとの文化や伝統が受け継がれています。
住宅を丸ごと運んでくるわけにはいかないため、資材やプランを海外から輸入し、国内で建築をするのです。

日本で「輸入住宅」というと、代表的なスタイルは2つ。
ヨーロッパスタイルとアメリカンスタイルに二分されます。

 

素朴で自然のぬくもりがあるヨーロッパスタイル

輸入住宅でも人気の高いヨーロッパスタイル。
木材や石材など自然素材を活かした造りで、自然のぬくもりや素朴さ、温かさを感じるデザインが特徴です。

白を基調としたフレンチスタイル、可愛らしいプロヴァンススタイル、リゾート感漂うスパニッシュスタイルなどさまざまなスタイルに細分化されます。

厳しい冬のある北欧エリアの住宅では二重窓、三重窓の断熱の工夫。
夏の日差しが厳しい南欧エリアでは日差しを防ぐ工夫があったりと、住宅設計の側面から見ても、四季の変化がはっきりしている日本の風土と合っているといわれています。

 

バラエティにとんだアメリカンスタイル

移民や開拓民など、他民族による文化と歴史を構築してきたアメリカ。
住宅設計もその歴史と同様、頑丈な造りであるという共通のベースを持ちながら、エリアごとの気候や風土に合わせてバラエティ豊かに発展してきました。

例えばカリフォルニアスタイルでは、西海岸の開放的なライフスタイルを反映して各部屋の間取りが広く、風通しや採光も快適に。
アメリカンカントリースタイルでは、古き良きアメリカのイメージそのままに、自然素材を取り入れた温かみのある住宅設計が特徴です。

 

輸入住宅は高い? 建築相場と費用を抑えるポイントを紹介

「輸入住宅に憧れるけど、高いの?」「新築で建てるときは輸入住宅にしたいけど払える金額?」そう思って迷っている方も多いのではないでしょうか。

輸入住宅の建築費用は、平均すると坪単価50万円~80万円程度が相場として必要なようです。
40坪の輸入住宅を建てるなら建築費用はおそよ2,000万円~3,000万円ですので、一般的な注文住宅と大きく違いはありません。

もちろん相場よりも安いケースもありますし、デザインや内装にこだわれば坪単価100万円以上になってしまう場合も。

憧れの輸入住宅を建てるとなると外観のデザイン・内装・設備など、こだわりたい部分はたくさんあるはず。
資材や設備にこだわり、現地からの輸入を増やせば、その分輸送コストが高くなります。最初の見積りは高額ではなくても、こだわりを詰め込んだ家づくりとなると、価格が跳ね上がってしまう可能性があります。

輸入住宅の建築コストを抑えるポイント

輸入住宅の建築コストを抑えるためには、下記のようなポイントを気にしてみましょう。

  • 外観デザインをシンプルにする
  • 妥協できる部分には国内資材や設備を取り入れる
  • ローコストでの輸入住宅造りが得意なハウスメーカーに依頼する

 

当然ですが、こだわればこだわるほど予算は上がります。
優先順位をつけ、妥協できる部分には国内製品を取り入れるようにしましょう。
輸入住宅の建築が得意なハウスメーカーを探し、相談しながら進めていけると良いですね。

また、資材や設備を海外から輸入しているので、その価格は為替の変動にも影響されます。
円安では高くなり、円高では安くなりますので、為替の動きにも注意を払ってみても良いかもしれません。

 

「輸入住宅風」という選択肢も! 外観や内装に輸入住宅らしさを

注文住宅ならプランや外観デザイン、内装、設備なども自由に設計が可能です。
自由に設計できる注文住宅で、輸入住宅風の家づくりをするのもひとつの方法。

コスモ建設でも輸入住宅風のデザインは人気が高いですよ。

 

アメリカンスタイル

アメリカンスタイルの家

白を基調とした明るいウッド調の外壁、レンガと格子窓が、まるでハリウッド映画に出てきそうなアーリーアメリカン風の佇まいです。

 

プロヴァンススタイル

プロヴァンスタイルの家

明るい塗り壁と鮮やかな屋根が地中海沿岸の雰囲気を彷彿とさせる、プロヴァンススタイルの住宅デザイン。
タイルとアイアン装飾も家全体の雰囲気をかわいらしくしてくれます。

 

チューダースタイル

チューダースタイルの家

16世紀前半頃の英国様式を取り入れたデザイン。

外壁の外に柱が見える「ハーフティンバー」が特徴的で、コントラストとエッジの効いたデザインは根強い人気があります。

そのほかにもコスモ建設ではさまざまな住宅デザインをご紹介しています!

 

まとめ

輸入住宅とは海外の設計やデザイン、資材や設備などを輸入して建築する住宅のこと。
その土地ごとの気候や風土、文化が息づいたオシャレなデザインに憧れている方も多いでしょう。

人気のデザインは大きく分けて素朴で温かみのあるヨーロッパスタイルとバラエティにとんだアメリカンスタイルの2つです。

輸入住宅は高いと思っている方も多いですが、実は坪単価の平均は一般的な注文住宅と大きく変わりません。
ただし、あれもこれもとこだわりを詰め込んでいくと、途端に予算が跳ね上がってしまうので注意しましょう。

外観をシンプルなデザインにする、優先順位をつけ国内製品も取り入れるといった工夫をすると安く抑えることも可能ですよ。

自由度の高い注文住宅で、輸入住宅風の家づくりをするのも選択肢のひとつだと思います!
コスモ建設でもさまざまな住宅デザインを提案しているので、ぜひ実際に見学しにきてくださいね。

関連ページ