Interview

Vol.11 / W様邸

愛猫とともに家族が長く快適に暮らせる家

W様の家づくりのコンセプトは大きく3つありました。
まず家族が集い、笑顔あふれる空間であること。
次に、友人たちが集まりたくなる雰囲気であること。
最後は、将来も見据えた家であること。

そうした思いを受け止め、最も親身になってくれたのが
コスモ建設の担当者だったといいます。
「打ち合わせは終始笑いが絶えず、ここなら安心して
理想の空間をつくることができると思いました」と奥様。
建設中は何度も見学に訪れ、大工さんの丁寧な対応にも感動。
ワクワクが止まらない家づくりだったと振り返ります。

あえての独立キッチンが便利

過ごしやすさの工夫の一つはLDKの構成。
キッチンはあえてダイニングとは別に配置し、
料理をする人は周りを気にせず集中して、
料理を待つ人はのんびり過ごせるようにしています。

“みんなの部屋”はいくつあってもいい

リビングとは別に、家族が集う場として設けたのが居室。
足を伸ばしてテレビを見たり、愛猫と遊びまわったりと
広さのあるフラットな部屋なので使い方は自由自在。
ゲストの宿泊スペースとしても活用できます。

飽きることなく使える子供部屋

2人のお子さまにはそれぞれに部屋を用意しました。
下のお子さまの部屋は白を基調としたスタイリッシュな空間に。
デスク付きベッドを選んだ理由は、
ベッド下に収納スペースが確保できて空間を有効活用できるため。
また、デスクもベッドもシンプルかつ十分な大きさなので、
お子さまが成長しても使い続けることができます。

家族の日常をあたたかく見守る

冬の寒さが厳しい北海道ですが、
どの部屋で過ごしても暖かいと話すW様ご一家。
リビングで過ごす家族の団らんはもちろん、
ひとりの時間も大切にするこの家で、
これからも家族の素敵な物語が紡がれていくことでしょう。