Interview

Vol.10 / M様邸

自転車ライフを楽しむ工夫と住み心地が融合した家

M様邸の主役は、ご夫婦の趣味である自転車。
長く住みたいからこそ、好きなものを存分に楽しめて
大切に保管できる家を求めていました。

せっかくなら北海道の住宅メーカーで、
土地を数多く保有し、デザイン性も高い所がいい。
何より、初めて会った担当者に人柄の良さを感じ
コスモ建設に白羽の矢が立ちました。

ベビーブルーでさわやかなアクセントを

キッチンの背面をはじめ、家の所々に取り入れたのは
さわやかな空間に仕上げてくれるベビーブルー。
ソファからは空を眺めることができるため、
自然と「青」がキーポイントになりました。
ちなみにご主人のお部屋のみ、遊び心から赤を採用しています。

こんなところにも、の驚きでいい気分

開放的な吹き抜けとつながる階段ホール横には
クレーンで吊るした自転車をディスプレイ。
2階へ上がるたびに愛車が視界に入るため、
どんなときでも気分が高まるといいます。
さらに階段の手すりに用いたアイアンの黒が
シンプルな空間にピリッと効いています。

「お帰りなさい」は愛車と共に

玄関ドアを開けると、土間に飾った自転車2台と
床から広がる木のぬくもりがお出迎え。
わが家に帰ってきた安心感が沸き起こります。
収納スペースをしっかり設けることで、
片付けしやすく、自転車の出し入れもスムーズにできます。

効率よく動ける絶妙な広さ

奥様に好きな場所を尋ねると、返ってきたのはキッチン。
「以前の家のキッチンは1人で使うにも狭くて不便でしたが、
今は広いけど広すぎず、とても使いやすくて料理が捗ります」。
調理台や家電をモノトーンで統一することで
使わないときはすっきりまとまり、
使うときはカラフルな食材や香辛料が映えるといいます。

趣味を存分に楽しめる家を持てるのは大人の特権。
愛車を眺めながらご夫婦で語らい合う至福の時間を、
今日も過ごしていることでしょう。