Interview

Vol.8 / S様邸

今も、未来も家族をつなぐ、包容力のある住まい

「子どもが産まれる前に家を建てるのが目標でした」と話すS様が
コスモ建設と出会ったのは、以前家を建てた知人からの紹介でした。
担当者の迅速な対応や予算に合わせたプランの提案、
打ち合わせ中の家族の話などを通じて信頼関係を築いていき、
ご夫婦の家づくりは進んでいきました。

清潔感をひとさじ加えたリラックス空間

リビングはご主人のお気に入りの場所。
昔から好きだったというアースカラーと、
自然素材の家具をベースにインテリアを考えました。
ひとつ、アクセントとして取り入れたのはブルーの壁。
清潔感をさりげなく漂わせた落ち着きのある空間に仕上げ、
「うたた寝してしまうことも多いです」とご主人は笑います。

お子さまの気配をすぐそばに

計画段階から完成後の暮らしをイメージしていた奥様。
重視したのは、家事と育児のしやすい間取りでした。
中でもキッチンは動きやすさと使い勝手にこだわり、
調理台を奥様の身長に合わせた高さに調整したり、
スイッチプレートを側面に配置したりと工夫を凝らしました。
シンクやコンロはリビングに向けているので、
ご主人やお子さまの様子を見ながら家事ができます。

家の第一印象はやさしく、明るく

ナチュラルテイストで目を引くのは、三角屋根の外観。
シアトル産レンガのポーチ柱も特徴的です。
玄関のドアを開けると広がるのは、
吹き抜けになった明るい玄関。
陽の光に満ちた開放的なスペースになっており、
お気に入りの空間と言います。

大切な思いを形に

お子さまが成長される未来を見据えた家づくり。
家族の成長やライフスタイルの変化に応じて
住まいの表情もより良くなっていくことでしょう。