Interview

Vol.6 / H様邸

どこにいても家族の気配が感じられるあたたかな住まい

「モデルハウスの三角屋根にひとめぼれしました」と
はじける笑顔で話してくれたH様ご一家。
上のお子さまの出産を機に家の購入を検討し、
家族間のコミュニケーションが取りやすい平屋建てを選びました。

打ち合わせはスムーズに進んだものの、
パントリー用にと決めていたクロスが
途中で廃盤になるトラブルが発生。
別のものを探したりと紆余曲折ありましたが
「今のクロスをとても気に入っています」と奥様はいいます。

子どもたちがのびのび遊べる設計

リビングでひときわ目を引くのは、
パステルグリーンのアクセントクロス。
明るく爽やかで、ナチュラルカラーの家具と相性抜群です。
ドアの先につづくのは一直線の長い廊下。
お子さまが走り回ったり、おもちゃのバイクに乗ったりと
思いがけず遊び場の一部に。
楽しそうに過ごす姿を見るのが、ご夫婦の喜びになっています。

快適に暮らす工夫を随所に

バーベキューをしたり、家庭菜園を始めたりと
家族の笑顔があふれる自慢の庭。
これからどんな庭にしていこうか、まだ考えている途中だといいます。
ほかにもご夫婦がこだわったのは浴室。
「リラックスしすぎて長風呂になりがちです」と話す理由は、
開放感のある1.25坪のワイド浴槽。
お子さまも毎日のお風呂タイムを楽しんでいます。

控えめながら味わいのあるポーチ灯が目印

外観はもちろん、コスモ建設を選ぶきっかけとなった三角屋根に。
レンガをあしらった柱にはポーチ灯を設けており、
夜にはまるで映画のような世界観を醸し出します。
「帰ってくるのが楽しみになりました」と話すご主人と、
帰りを待ちわびる奥様とふたりのお子さま。
あたたかくしあわせな家族の形がここにありました。