Interview

Vol.4 / T様邸

使いやすく心地いい、家事と育児が楽しめる家

結婚と出産を機に家づくりを始めたT様ご一家。
さまざまな会社や物件を見て回り、ゆっくり検討する予定でしたが
コスモ建設の営業担当者と会って話を進めるうちに、
その人柄に惹かれて購入を決断したといいます。
「いつかは購入したい、くらいの気持ちだったのが
この人たちと一緒に家をつくりたい、に変わりました」とご主人。
コスモ建設が手がけた住宅の外観が好みだったのも後押しになったようです。

大活躍のキッチンカウンター

家事に育児に仕事にと忙しい日々の中で、
いかに使い勝手のいい間取りにできるか。
まずこだわったのはキッチンでした。
作業スペースを広く取り、ダイニングテーブルに面したカウンターを設置。
お湯を沸かしたり、食器を並べたり、料理を盛り付けたりと大活躍!
カウンターからリビングまで目が届くのも、
お子さまがいるご夫婦にとってうれしいポイントです。

こだわりをこだわっているように見せないこと

リビングは一見シンプルですが、アクセントが効いている
ドアのステンドグラスはご主人のこだわり。
お部屋のテイストをじゃませずに、けれど
洗練さや華やかさが表れるデザインと色合いを実現しました。
窓からは玄関先に植えたシンボルツリーを眺めることができ、
ここにもご主人のセンスがさりげなく光ります。

訪れる人にワクワクしてほしい

外観や玄関まわりには奥様の思いが詰まっています。
白を基調としたレンガの壁に、かわいらしい三角屋根。
玄関までのアプローチにはインターロッキングを用いて、
ドアを開けるまでの短い時間も楽しくなる仕上がりに。
駐車スペースに咲いている花は、訪れる人をあっと驚かせます。

仕事から帰ってきたとき、この先お子さまが成長して
学校から帰ってきたときに思わずうれしくなってしまう。
家族にとっての自慢の家が誕生しました。