Interview

Vol.3 / T様邸

憧れをカタチにした、これからの暮らしが楽しみになる家

ご夫婦ともにマイホームに憧れがあったというT様。
結婚を機に長年の夢を叶えたいと、家の購入を検討し始めました。
その中で、奥様のご実家をコスモ建設が手がけていたこと、
土地情報が豊富にあることなどから
10社以上を見学・検討の末、コスモ建設を選んだといいます。

高級感のあるアクセントウォール

ご主人がこだわったのは、オリジナルのテレビボードと石張りの壁。
素材の選定からデザインに至るまで緻密に計算され、
リビングに置く家具との統一感も大切にしながら
ブラウン系の色にまとめました。
リビングは吹き抜けになっているので
光を上手に取り込むことができ、時間帯によって落ち着いた空間にも、
ムード漂う大人の空間にも表情を変えるのが魅力です。

趣味や仕事に没頭できるフリースペース

吹き抜けの先にある2階にはカウンターが設けられており、
本を読んだりパソコンを使ったりと
奥様が心地よく過ごせるお気に入りの場所に。
対面にある大きな窓から差し込む陽光で
明るく気持ちのいい空間に仕上がっています。

リラックスできる色合いと明るさを意識

家の中でも過ごす時間が長いリビングとダイニング。
木目の床材やナチュラルな色で統一された家具、観葉植物など
ほっとひと息つける工夫が散りばめられています。
他にもおふたりが熱望した和洋室では、
ダウンライトのやわらかな光が空間を包み込みます。

妥協しない、けれど理解しあう家づくり

ご主人も奥様もマイホームに対する思い入れが強く、
打ち合わせではおふたりの意見が合わないこともしばしば。
営業担当者はそんな様子をほほえましく思いながらも
それぞれの考えを尊重し、ご夫婦にとって最適なプランを提案しました。
「私たちの話を整理し、一番いいカタチにまとめてくれて感謝しています。
今となっては夫婦げんかもいい思い出です(笑)」とご主人。
こだわりの詰まった住まいで、これからどんな暮らしを紡いでいくのか。
「楽しみです」と笑うT様ご夫妻の笑顔が印象的でした。